正月京都三昧2018/01/03 20:33

□今年も古都であけおめ

 今年も、大晦日から3が日まで京都で過ごした。
 錦市場で買ったおばんざいをつまみながら、ホテルのTVで紅白歌合戦をだらだらとながめているとすぐに平成30年になった。やはり高校生のバブリーダンスは荻野目女史とのコラボで見たかったと思う。
 初詣に向かう。日本で唯一のお金を祭る「御金神社」と、陰陽師の「清明神社」はかかせない。夫々、金運と運気の向上を祈願する。護国神社では猪に芸をさせていた。大事な神様の使徒にそんなことさせて良いのか。
 いつも通りのんびりと鴨川を歩き、「下鴨神社」などにもお参りする。どこに行っても、ものすごい混雑で外国人比率も高いのでびっくりした。最近はキリスト教徒でも神社にお参りするらしい。
 歩き疲れて入った老舗の「前田珈琲」は、珈琲が美味しくてまたびっくりした。
 冬の京都は、やっぱり冷たくて、雪もときおりちらほらしてた。
 洛中では、「京都のフクロウの森」と言う、所謂鳥カフェが新しく出来ていたので入り、フクロウをなでなでする。フクロウに触ったのは初体験だ。
 紅葉の時は物凄く込んでいたという「東福寺」にお参りして千葉県に帰る。紅葉抜きの東福寺はがらがらであったが、帰りの新幹線はかつて見たことがないほどの混雑で、指定席の通路まで乗客があふれていた。この時期、自由席で帰ろうとするのは無謀である。


京都錦市場
京都
京都御金神社
京都清明神社
京都護国神社
京都鴨川
京都美人神社
京都下鴨神社
京都前田珈琲
京都錦天満宮
京都のフクロウの森
京都東福寺


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/01/03/8762911/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。