気象大の黄葉2017/11/15 23:38

□今年も校舎の窓にきらきらと。

 毎年、楽しませてくれるご近所の気象大学校の銀杏の黄葉、
 今年も、黄金色の葉が校舎の窓にきらきらと写る。
 何回目だろう、見た回数だけ歳をとったことになるなあ・・・


気象大学校の銀杏


手賀サイ2017/11/12 19:13

□サンポ&ライド

 柏公園入口の銀杏の黄金回廊をくぐり抜け、北柏ふるさと公園でレンタサイクルを借りて、ちゃりちゃりと手賀沼を一周した。
 北側の遊歩道では、ウナ吉君レースというのをやっていて、ランナーがせっせと走っていた。日向ぼっこする手賀猫に挨拶する。便所の前の紅葉は今年もきれいだった。
 久しぶりに訪れたフィッシングセンターでは、昔の漁協レストランのあった所がお洒落なカフェ「Numacafe」に代わっていたので、ココナッツルーの鯖カレーを食べた。
 本当に秋晴れらしい秋晴れの日で、空も水面も、文字通り真っ青だった。


柏公園入り口
手賀猫
手賀沼
手賀沼
NumaCafe
NumaCafe
手賀沼


小石川後楽園2017/11/10 21:03

□全面紅葉はもうちょい

 都会の紅葉を観に、「小石川後楽園」に行った。
 実は、近くのヒートポンプ加熱の天然温泉「ラクア」に入ったことはあるが、水戸藩からの由緒ある後楽園に入ったのは初めてである。
 大変広い、立派な日本庭園だったが、残念、全面紅葉には、少し早すぎた。
 樹々を通して遠景に、モスラの幼虫のごとく、あるいは白い王蟲のごとく、東京ドームが覗けてシュールである。


小石川後楽園
小石川後楽園
小石川後楽園


我孫子珍百景2017/11/05 21:15

□ナニコレ!?

 船戸の森の「小綬鶏」を後にして、てくてくと我孫子駅を目指していると、本町の辺りで、子供の背丈ほどは優にある巨大なリュウゼツランが生えているのを見つけた。元は、駐車場と思しき空き地だが、抜き時を間違えたのか、今更抜くに忍びなくなったのか、今はすっかり巨大植物に占領されている。
 僕がローカルTV局のスタッフだったら、我孫子のナニコレ珍百景に登録するね。


我孫子の巨大リュウゼツラン


小綬鶏散歩2017/11/05 20:08

□すいとん汁の美味しさ

 手賀沼沿いの「小綬鶏」まで、てくてくお散歩。
 今月のランチは、ぶりの照焼きと具がたっぷり入ったすいとん汁だった。
 デザートのリンゴのコンポートは、紅葉模様の皿の上でとても美しい。


小綬鶏ランチ
小綬鶏ランチ


小学校の紅葉2017/11/03 22:45

□綺麗だなあ

 散歩の途中で小学校から見えた紅葉が綺麗だった。


柏市立第三小学校


紅葉狩り機関車2017/11/01 18:34

□出発進行!

 大堀川の病院まで、散歩ついでに立ち寄った西口のSL公園で、汽車が紅葉狩りに向けて出発進行してた。
 D51 GO!!!
 全国各地にある公園のSLは、老朽化に伴い維持費がかさみ、解体撤去されるものも増えているという。このD51は、末永くご無事でありますように。


柏西口SL公園


我孫子国際野外美術展2017/10/31 21:00

□台風にも負けず、あるいは捕獲された宇宙人。

 毎年我孫子で開かれる、国際野外美術展を今年も観て回った。今回は、電車で布佐まで行って、そこから二大会場の「宮ノ森公園」と「布佐市民の森」を歩いて回った。これまで自転車や自動車で回った時には気付かなかったが、柏からは意外と遠い所であった。我孫子市が広いというか辺境の地である。
 美しい紅葉の中、自然と調和した現代彫刻が多く、素材も枯れ枝や枯草に似たものが多いので、遠目で見るとあまりにも自然と一体化していて、単なる伐採屑のようにも見える作品もあるが、皆よく見るとなかなかに雅趣に富んでいた。なかには、モスラの卵も混じっていた。親が居るともっと良かった。
 また、布佐市民の森では、墜落した宇宙船と捕獲された宇宙人が、ロズウェル博物館のごとく展示されていたので、SF人は必見であろう。
 なお、作者の一人が会場に居られたので、お聞きすると、ここ数日の台風で作品が吹き飛ばされないようにと、設置にはかなりの気を使ったとのこと。


我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展


16号沿いのモアイ像2017/10/30 19:34

□休館日は確かめてから行った方が良い。

 たまには、16号線沿いを歩いて見ようかと思って、以前に自転車で訪れたことのある「中村順二美術館」を目的地にてくてくと歩いてみたら、自転車と違って結構な距離と感じた。
 しかし残念だったのは美術館が、月曜は休館日であったこと。館内のカフェでお茶しようと思ったのにがっかりである。事前に確認しなかったのが間抜けであった。
 それでも、途中の大井交差点の手前で、モアイ像が、ここはイースター島かと思うばかりにずらりと並んで壮観なのを、見ることができたのは収穫であった。石材店の技術的アピールらしい。


中村順二美術館
16号沿いのモアイ像


手賀沼スケッチ2017/10/26 23:35

□空と水面と白い鷺

 テガサイから秋晴れの手賀沼の空と水面と白い鷺をスケッチ。


手賀沼スケッチ