真面目な天才画家2017/11/22 18:27

□ダリ・私の50の秘伝(サルヴァドール・ダリ)

 シュールレアリズム絵画で有名なダリのお絵描き指南書。
 若い絵描きへの手ほどきの形をとっているが、良くも悪くも、まさにダリ的な絵画論に満ちている。達者な素描による摩訶不思議な図番がたくさん入っているので、一種の妄想的詩画集として楽しむのも良い。
 一応、指南書なので、絵画技術も解説されているのだが、中には、蜘蛛を飼って幾重もの網を張らせて透過する光を見るとか、長短の杖を使ってモデルの身体を黄金律に従って固定するなど、相当怪しい方法も図解入りで紹介されている。はたして、本当に、本人が用いたのかどうかは、疑問である。
 意外にも、油絵の具の使い方だけは、非常にまじめに古典的手法を詳細に説明し、推奨している。一見奇想天外なダリの絵であるが、イメージとは裏腹に、伝統的な重ね塗りで描かれているようである。
 一番面白かったのは、ダリ本人も含めたダリによる画家の採点簿。ラファエル、ベラスケスは非常に高得点であり、ピカソは技術点においてダリよりも優れ、神秘性において劣るとされている。当時のモダンアートの第一人者であるモンドリアンはすべての項目において、ほとんど零点であった。


我孫子国際野外美術展
             イメージ写真


ゴッホ 最後の手紙2017/11/07 23:34

□あのゴッホの絵が動く!?

 一応、ゴッホの自殺?の謎を解くというミステリー仕立てなのだが、筋よりも、あのゴッホの絵が、アニメになってぐるぐると動くのが文句なく楽しい。世界初の油絵アニメーション映画だ。
 約百人の画家がひたすらゴッホのタッチで、油絵をせっせと描いたそうだ。
 個人的には、耳切り事件以降の話なので、ゴーギャンの出番がほとんどないのが残念である。


ゴッホ


ハイドン・カルテット2017/11/04 22:49

□学生オーケストラも負けていない!

 「さわやかちば県民プラザ」で、ウィーンから来た弦楽四十奏団「ハイドン・カルテット」と地域の青少年で構成される「SFS合奏団」の交流演奏会が開かれた。
 無料という大盤振る舞いなので聴きに行ったが、予想以上に素晴らしかった。
 ハイドン・カルテットが上手なのは、手練れのプロフェッショナル集団らしいので、ある意味当然であったが、驚いたのは、先生も参加しているとはいえ、小学生から大学生までの団員で構成されたSFS合奏団の溌溂とした演奏だった。とてもきれいなハーモニーで、とっくにアマチュアの域を超えていた。
 この中から、将来、名のある音楽家が出てくるのかもしれないな。
 

ハイドンカルテット
千葉県民プラザコンサート


運慶展2017/11/02 18:49

□運慶はダ・ヴィンチだ!?

 上野の森の夜のトーハク(東京国立博物館)に、「運慶」を観に行った。
 初期の、同じく仏師であった親父さん康慶の流れを引く、どこかぽっちゃりとした毘沙門天から、ダ・ヴィンチも顔負けのムキムキマンの(多分運慶作の)四天王に至るまで、仏像、武神象がずらりと並んで圧巻であった。
 面白かったのは、親父さんも含めた運慶前後の武神彫刻の変化を見て取ることができる点で、例えば、頭部、髪の毛の表現も、中国渡来の様式の影響が根強い康慶の作品は「兜」をかぶり、それが運慶では「髷」になり、さらにその後の世代では「怒髪天」いわゆる元祖スーパーサイヤ人に成っていくのだ。
 また、ご婦人方が可愛いと群がっていた赤面の制多伽童子像であるが、どこかで見た顔だとよく見れば、なんとお隣の国のロケットマンに似ているのであった。
 夜間は、トーハクの建物へのプロジェクションマッピングの投影があり、これも一つの立派な作品になっているので、お見逃しのなきように。


上野・運慶展
上野・運慶展


我孫子国際野外美術展2017/10/31 21:00

□台風にも負けず、あるいは捕獲された宇宙人。

 毎年我孫子で開かれる、国際野外美術展を今年も観て回った。今回は、電車で布佐まで行って、そこから二大会場の「宮ノ森公園」と「布佐市民の森」を歩いて回った。これまで自転車や自動車で回った時には気付かなかったが、柏からは意外と遠い所であった。我孫子市が広いというか辺境の地である。
 美しい紅葉の中、自然と調和した現代彫刻が多く、素材も枯れ枝や枯草に似たものが多いので、遠目で見るとあまりにも自然と一体化していて、単なる伐採屑のようにも見える作品もあるが、皆よく見るとなかなかに雅趣に富んでいた。なかには、モスラの卵も混じっていた。親が居るともっと良かった。
 また、布佐市民の森では、墜落した宇宙船と捕獲された宇宙人が、ロズウェル博物館のごとく展示されていたので、SF人は必見であろう。
 なお、作者の一人が会場に居られたので、お聞きすると、ここ数日の台風で作品が吹き飛ばされないようにと、設置にはかなりの気を使ったとのこと。


我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展
我孫子国際野外美術展


16号沿いのモアイ像2017/10/30 19:34

□休館日は確かめてから行った方が良い。

 たまには、16号線沿いを歩いて見ようかと思って、以前に自転車で訪れたことのある「中村順二美術館」を目的地にてくてくと歩いてみたら、自転車と違って結構な距離と感じた。
 しかし残念だったのは美術館が、月曜は休館日であったこと。館内のカフェでお茶しようと思ったのにがっかりである。事前に確認しなかったのが間抜けであった。
 それでも、途中の大井交差点の手前で、モアイ像が、ここはイースター島かと思うばかりにずらりと並んで壮観なのを、見ることができたのは収穫であった。石材店の技術的アピールらしい。


中村順二美術館
16号沿いのモアイ像


画家のジレンマ2017/10/29 23:32

□ヘンな日本美術史(山口 晃)

 鳥羽僧正から明治の高橋由一まで、日本の絵の歴史を画家の視点から、つまり描き方の技術論から面白く解説した美術史。今大人気の若冲も、昔から人気の応挙、雪舟も勿論出てくるが、何故か最大のビッグネームの北斎については、ベンチマーク的に名前は出て来ても、作品に即した解説はないのが、ヘンと言えば変である。
 作品の解説で繰り返し言及されるのが、日本人が昔から持っていた絵画空間の特異性、西洋から、透視図法と陰影描写に基づく写実的なデッサンが入ってくる前の日本絵画が持つ独特の空間構成の素晴らしさである。
 しかし、西洋的なデッサンを知ってしまった明治以降の日本人はもう戻れない、そのジレンマを、自転車に乗ることを覚えてしまった子供に例えて、何度も繰り返し書いているのは、画家である著者にとって、目下の一番の課題であるからであろう。
 大変面白く読めたが、アマチュア画家である僕としては、共感出来なかった。
 何故なら、僕は、未だに自転車に乗れない(遠近法に基づくデッサンをマスターしていない)子供なので、意識しないと西洋風の写実になってしまうという著者の悩みは贅沢に聞こえるからである。
 つまり、この本は、僕にとっては、所謂デッサンが出来ないことを悔やむ必要は無く、むしろ、写実的な制約から本質的に解放された人間(要するに下手糞)として、好き勝手に描けばよろしいという自信を与えてくれる本なのであった。

吉祥寺美術館2017/10/19 22:40

□ビルの7階の小さな美術館

 所用で雨の中、吉祥寺に出向く。
 帰りに駅前の「コピス吉祥寺(旧伊勢丹新館)」の7階にある「吉祥寺美術館」を覗いた。浜口陽三(銅版画)と萩原英雄(木版画)の常設展示室と貸画廊スペースがあった。こんなところに美術館があるとは知らんかった。
 入場料百円が可愛い。

土浦花火大会2017/10/07 23:05

□これを観ると今年の夏も終わったなあと思う。

 今年も筑波のキャンプ場にお宿をとって、地主さんのご厚意の櫓の上で土浦花火大会を観賞した。
 毎年、工夫をこらした花火があがるが、やっぱりここの白眉は、横一列にどんどんと打ち上げる花火のラインダンスだな。
 中秋の(ほぼ)名月も共演してた。


土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会
土浦花火大会


共晶点2017/10/06 22:52

□柏の新進芸術家が集合

 「アートライン柏2017」の一環として、パレット柏の市民ギャラリーで、柏ゆかりの新進作家の作品を集めた展覧会があった。絵画と立体で17人が出展した。
 教室の発表会と違い、皆プロなので安心して観賞出来た。
 僕もいつかは出せるようになりたいもんだ。


共晶点