アニメの世界浸透と拡散2017/09/02 23:10

□オタク・イン・USA-愛と誤解のAnime輸入史
                         (パトリック・マシアス著、町山智浩編・訳)

 カリフォルニア州に生まれ、怪獣とアニメにあこがれた末に東京に在住しているアメリカ人のアニメ考を、東京で生まれ、カリフォルニアに住んでいる日本人が編集・翻訳した、オタクによるオタクのためのオタク史本(住所はいずれも2006年出版時)。
 Anime輸入史とあるが、原作マンガや怪獣映画・特撮ヒーローも扱われており、アメリカにおける日本のポップカルチャーの浸透と拡散の記録となっている。日本側から見れば、アメリカのオタク(NERD、GEEK)コミュニティを突破口にしたクールジャパンの売り込みの歴史とも言える。アニメではないが、失敗に終わった「ピンクレディー」のアメリカ進出も、この流れの中で紹介されている。
 扱われているのは、アトムよりもう少し後の時代、ガンダム、セーラームーン、うる星やつら、攻殻機動隊辺りまでだが、宮崎駿やポケモンなどのメジャーな題材は、さらりと流され、「やおい」マンガの米国上陸などが、オタク的に書き込んであるのが面白い。但し、宮崎アニメのオスカー受賞作を「もののけ姫」としているのは明らかな事実誤認(正しくは「千と千尋の神隠し」)で、著者のオタク力にやや疑問が生じる。
 小池一夫・小島剛夕の「子連れ狼」がマーベルコミックに与えた影響分析などは、日本人では気づきにくい視点として面白かった。高千穂遥の「ダーティ・ペア」もアメリマンガ(アメリカ版マンガ)になり、独自の進化を遂げたようである。
 本書を読むと、今やほとんどの日本のアニメ・漫画・劇画は、米国進出を果たしたように思えるが、何故か、かの過激なレディースコミックについての言及はなかった。著者の趣味に合わなかったのか、あるいは現在、上陸中なのか・・・。
 表紙見開口絵のアニメ・コンベンションに集う全米のコスプレイヤーの写真は、ある種天国のような悪夢のような・・・・それだけでも一見の価値あり。
 OTAKU UNITE!

眼科受診2017/07/24 14:42

□薬局でペッパー音頭を観る。

 メメクラゲに刺されたわけではないが、近所の眼医者に行った。
 診断結果は、予想通り、「ものもらい(化膿性霰粒腫)」であった。
 気が付かないうちに汗まみれの手で、目玉を触ったらしい。
 処方箋をもらい、薬局で薬を買う。
 一週間程度、一日に3~5回、点眼していれば直るであろうということ。
 薬局の店内には、新しい従業員の「ペッパーくん」が居た。
 期待してお相手してもらったが、映画「エクス・アキナ」の女形AIとはえらい違いで、インタラクティブ感の全くないプラスチック人形であった。チューリングテストをパスするのは無理であろう。
 メニューを選んで、ペッパー音頭を踊ってもらったが、能面のような顔をコキコキさせる様は、結構、不気味であった。
 受診後、近所をお散歩(10千歩)。
 

SBペッパー君


山野浩一氏逝去2017/07/21 22:33

□いまどこを飛んでいるのだろうか?

 7月20日にSF作家で競馬評論家の山野浩一氏が逝去されていた。氏が「季刊NW-SF」を主催していたころ、数回、ワークショップにお邪魔したことがあるが、当時学生だった僕には、山野氏と山田和子編集長がきらきらしていて眩しかったなあ。
 享年77才、合掌。
 今は、時空を超えて飛んでいるのか、それともX電車に乗っているんだと思う。


理窓会記念公園


ロメロ監督逝去2017/07/19 12:40

□ゾンビ(映画)の父の死

 「Night of the Living Dead(1968)」をはじめとするゾンビ映画の開拓者として著名なジョージ・A・ロメロ監督が7月16日に、肺がんで亡くなっていた。享年77才、日本では喜寿の年である。
 合掌。
 ロメロ監督は、報道では「ゾンビ映画の父」と紹介されていた。
 すると、母は誰なんだろう?


東北道SA
             イメージ写真


ゲン・ゴジラ(原ゴジ)!?2017/04/15 20:12

□元祖「ゴジラ」を観る。

 近所の映画館で、歴史的な元祖「ゴジラ」を観た。
 白黒なのに、
 CGの「シン・ゴジラ」の自在さに比べれば、
 重たい着ぐるみで、不自由な動きなのに、
 でも、凄い迫力。
 これぞ、ゲン・ゴジラ(原ゴジ)!
 平田昭彦演じる独眼竜の科学者、芹沢博士が格好良い。 
 

ゴジラ
ゴジラ
ゴジラ


エクス・マキナ2017/03/28 22:11

□少々退屈な・・・あるいはガラテアに逃げられたピグマリオン

 会社がはねてから、駅前の名画座で、「エクス・マキナ」を観る。
 AI仕掛けのピグマリオン映画だったが、思ったほど面白くなく、前半は退屈で、後半はドタバタだった。
 結局、生身でもロボットでも、女は怖いという教訓か?
 日本人離れした肢体のキョウコが謎である。
 

君の名は。2016/09/25 23:55

□いつのまにかシン・ゴジラを抜いていたシン・カイ(新海)アニメ

 封切以来、あれよあれよという快進撃で、いつの間にか興収100億円で、好調「シン・ゴジラ(同72億円)」を抜いていた「君の名は。」を遅ればせながら観に行った。話題になったものは見たがるミーハーだからだ。
 薄給(多分)アニメーターの血と汗と涙で描き込まれた緻密な背景に感嘆し、ある意味ではゴジラよりSF的な設定に感心し、ツボを押さえた盛り上げと最後まで面倒を見るストーリーを運びきった新時代の才能に拍手。
 正直言って、今どきのデジタルアニメ風の線の細い図柄、特に人物描写には、今一、おじさんなじめないのではあるが、面白かったのは事実なので。


君の名は。

PS(ネタバレ有!?)
 別れてから三歩歩くと、もうお互いの名前を忘れてしまう鶏頭(とりあたま)の恋人達の悲喜劇とも言える。

シン・ゴジラ2016/08/07 23:12

□ゴジラ会議は踊る!?

 エヴァの庵野監督が監督することが売りの「シン・ゴジラ」を観てきた。
 着ぐるみではなくCGを使ったのは、アニメの延長線上で演出したかったのだと理解できた。ゴジラは、まさにフルアニメーションのように自在に動き、新機軸の背びれから放射する核レーザーも違和感なく美しい。監督が目指したのは、実写映画ではなく、実写に限りなく近いアニメなのだろう。自衛隊の戦車もアニメのように軽く動く。
 物語的には、メインのアイデアとなった灼熱の赤ゴジラをはじめ、過去のゴジラ映画からの引用も多く、あえて新曲を使わず伊福部サウンドで押し通すのも、あざとくもオタクマインドをくすぐる。
 映画としての欠点は、ネットでユーザー批評が「ゴジラ会議」と揶揄しているごとく、会議場面が長いこと。ゴジラの活躍より、怒鳴りあっている人の顔のアップが長いのだ。金のかかる合戦場面を最小にして会話で時間を稼ぐ大河ドラマみたいだ。
 おかげで一緒に行った我がツレアイは、延々と続く会議に飽きて寝こけ、肝心のゴジラの咆哮・大破壊シーンを見損ねたと不満顔。会議場面を半分にすれば大傑作になったであろうに残念。
 怪獣映画に政治性(ポリティカルシミュレーション)はあっても良いが、政治場面はいらない。


GODZILLA


 P.S. 東京全域を壊滅させ、最後は、東京駅を寝床に討死(?)するゴジラだが、首相を疎開させる場面はあっても、天皇を避難させる話は出てこない。大災害が東京を見舞えば、当然、象徴天皇の保護も最重要課題となる筈である。国のあり方(国体)に関する疑似政治学的な議論がウリ(?)のこの映画にしては不自然ではないか、被害地域に含まれている筈の皇居炎上の描写もない。
 タブーでもあるのかいな。
 帝都大戦の荒俣宏だったら、現人神が、荒ぶる神ゴジラを祈祷で退散させる場面を入れるんじゃなかろうかと夢想する。


スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015/12/23 23:30

□最初の感激にはやはり・・・

 スター・ウォーズの最新作「フォースの覚醒」を観てきた。
 う~む、シリーズ第一作の最初の感激には、やはり及ばずであった。あえて言えば、壮大な二番煎じであった。
 映画というものは面白いもので、特映のような技術オリエンテッドなものでも、16年の時を経て、格段と進歩したSFXやコンピュータグラフィックスをつぎこんでも、最新作が一番素晴らしいと言う訳にはいかないものらしい。
 時間も少々長すぎた。
 2時間半、3D眼鏡をかけていると、結構、肩が凝るのだ。
 あと、上映時間の都合で吹き替え版を観たのだが、あの名台詞「May the force be with you.」が原語で聞けなかったのは、ちと残念だった。どうせ、子供たちは、同時に上映されているジバニャン(妖怪ウォッチ)の方に流れて行ってしまうので、今や大人向き映画のスター・ウォーズは、全部字幕版でも良いのではないか?


SWフォースの覚醒


水木しげるさん逝去2015/11/30 22:31

□継ぐのはジバニャンか?

 「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんがなくなられた。
 戦争で左手を失い、片手1本で描かれた妖怪漫画は、実はこの上ない人間賛歌であった。 
 鬼太郎からジバニャンへ、バトンは継がれたか?
 享年93歳、合掌。


目玉親父の涙