3.11以降の文学2018/04/10 15:26

□ボラード病(吉村萬壱 2014)

 米国民にとって、テロによる9.11WTCB崩壊が決して忘れられない悪夢であるのと同様に、日本人にとって、3.11大震災とそれに引き続く原子力災害は、生涯忘れることのできない「ありえない現実」となった。
 当然、それは文学、特に小説にも大きな影響を与えると思われるが、大災害が与えたトラウマが文学的に昇華されるまでにはそれなりの時間が必要であり、オウムサリン事件に反応して「1Q84」を書いた村上春樹をはじめ多くの作家達も、まだ、このあまりにも大きくあまりにもデリケートな主題を扱いかねているようだ。
 そんな中で、本書「ボラード病」は、震災後3年というかなり早い時期に、3.11に面と向かって対峙した小説と言える。大災害後の避難生活から戻った住民が不気味なディストピア建設に邁進する「海塚」という架空の町は、明らかに福島の避難指示区域を想起させ、絆が強制され安全と健康がことさら強調される町の様が、その後の日本のメタファーであることを隠そうとしない。
 小説としての出来や完成度は、僕には評価できないが、未だ生の素材を扱うことによる批判を覚悟した著者の勇気と覚悟は評価すべきと思う。
 ここには分かり易い悪の帝王はいない、全体主義社会が仄めかされるが、独裁者は不在のようだ。失った平成を取り戻そうとする人々の「なかったことにしよう」という暗黙の合意形成がただ恐ろしいのである。
 ボラード病に特効薬はない、僕もあなたも保菌者?


ボラード病


JKエンコウSF!?2018/03/28 00:30

□ぼくらは都市を愛していた(神林長平 2012)

 「3.11を経てはじめて書き得た、懇親の長編登場!」と言う惹句に魅かれて読んだが、そんな直接的な技術文明論SFではなかった。
 筋だけ書けば、女子高生のエンコウ愛人を持つ元教師が、愛人を馬鹿にした(と元教師が感じた)情報軍の女性兵士を殺す話。つまり、表面の筋は、エンコウ愛人殺人事件であるが、バイオレンスやエロスなど、情動に訴える描写は全くなく、いつのまにか理解できない相手に対するコミュニケーションという、「雪風」以来の著者のテーマにぐるぐると引きずり込まれる。 
 SFとしては、ケータイ・ネットワークの普及の先にある、いわば「幼年期の終わり」的な人類進化の可能性が描かれているが、惜しいかな、書かれた時代背景の所為か、そのケータイはガラケー的なテキスト中心のイメージなので、今、現実にあるスマホ・ネットワークに照らすと、言わば「追い越された未来」になってしまっている。
 未来予想的な要素がどうしても入ってしまう、SFという小説形態の辛い処である。
 なお言わずもがなだが、主人公の綾田ミウ・カムイ姉弟の名字の綾田(アイデン)は、アイデンティティのことなんだろうな。

新井素子は予言者か!?2018/03/17 23:39

□SF JACK
 (新井素子、上田早夕里、冲方丁、小林泰三、今野敏、瀬名秀明、堀晃、宮部みゆき、山田正紀、山本弘、夢枕獏、吉川良太郎 2013日本SF作家クラブ編)

 巨匠から若手人気作家まで、12人の著者による豪華なSFアンソロジー。幅広く今の日本SFを表している。
 僕が面白かったのは、ベテランの堀晃と夢枕獏の作品が、いずれもエネルギーや情報(怨念も一種の情報)の系でのフィードバックを、馬鹿話的につきつめた同種のアイデアストーリーであったこと、冲方丁の作品がそのままアニメの絵コンテになりうるほど映像的であったこと、そして新井素子の作品の中に、このアンソロジーの著者の一人も巻き込まれた、2015年のSF作家DV濡れ衣逮捕事件(「こち留」事件)を予言するような文章があったことであったなあ。

ポンキッキも終わる時に2018/03/17 23:08

□図説ロボット-野田SFコレクション(野田昌宏 2000)

 SF作家、評論家そして「開けポンキッキ!」の生みの親のTVディレクターとして有名な野田昌宏が収集した膨大なSFパルプ雑誌から選り抜いた、昔懐かしのメカメカしたロボットの画集。
 僕も表紙に釣られて神田の古本屋で買った「アスタウンディング・サイエンス・フィクション」などの雑誌の挿絵がいっぱい紹介されていて懐かしかった。
 それにしても、ついにガチャピンも終わるのだなあと思うと、時の流れに感無量である(「ポンキッキーズ」3/25放映終了)。

書き継ぐのは誰か?2018/03/08 23:33

□虚無回廊(小松左京 2011)

 日本SF界のコンピュータ付ブルドーザ、小松左京の最後の大作である。但し、亀が冷たい湖水を対岸を目指して黙々と泳いでいるところで、残念ながら「続く」となっている未完の大作である。
 宇宙の彼方に突如出現した光年単位の規模の超構造物SSを探査する人工実存AEの視点から、宇宙と(多分)人間の未来が描かれる正統ハードSFである。 
 執筆当時の最新の宇宙論、情報工学の成果をテンコ盛りにした、まさに小松宇宙の決定版となるべき作だったが、テーマが意欲的過ぎたのか遂に完結しなかった。
 僕は、大昔の雑誌連載中に時々読んではいたが、途中で休載になったりしたので、全部読んだのは今回が初めてである。
 読後、これは、小松版の「幼年期の終わり」ではないかと感じた。人類の進化と宇宙の進化が一致する究極の人間中心宇宙の小説である。小松の死の直前に起きた東北大震災の影響が未だ生々しい今だから、最後まで読みたかったなあ~
 巻末には、堀晃、山田正紀、谷甲州の三人を集めて大森望が仕切るという豪華な対談が付いていて、大森がしきりと三人に完結編の執筆を勧めるのだが、皆、はいとは言わない。このうえは、小松宇宙観を移植したAI、すなわち小松AEに続きを書いてもらうしかないのである。
 また、宇宙にける知性体との遭遇の描写が具体的かつ映像的なので、どこかで、亀の寒中水泳も含めて、映画にもしてほしいもんだ。
 それにしても、小松さんは、何故、”communicate”を「コンミュ二ケート」と訛って表記するのだろうか?


虚無回廊


宇宙で生き物を探す話2018/02/18 19:32

□サイエンスカフェ:たんぽぽ計画と生命探査(東京薬科大学 山岸明彦)

 我孫子市の近隣センターで、面白い科学講演を聞いてきた。
 演者の山口先生は、国の研究費を貰って、ジェット機や気球、さらには国際宇宙センターを使って、成層圏や宇宙に飛び出しているかもしれない細菌を集めている研究者で、火星の生き物探し計画も立案したそうだ。
 先生によると、真空や放射線に耐えられる微生物は結構いるので、宇宙から最初の生き物が地球に来た可能性もないわけではないらしい。また、宇宙には有機物が結構多くて、実験室レベルでは、それらの材料からRNAも合成されていると言う。生命と言うものは、存外、普遍的に存在できるものかもしれない。
 聞いていると、僕の生きている中にも、地球外生命の発見や、人工生命誕生のニュースを聞けるような気もしてきて、良い知的刺激になった。


我孫子市北近隣センター


おやUFOが!?2018/01/25 20:27

□電灯傘型UFOか?

 所用で吉祥寺に行った。ここもまだ雪が残っていた。
 折角なので、「武蔵野八幡宮」に詣でた。
 帰ってから、ケータイで撮った写真を見返すと、右上に何やら妙なものが写りこんでいた。パソコン上で拡大して、詳細に画像解析してみると、アダムスキー型の空飛ぶ円盤であった。
 否、形状が照明用電灯の傘に酷似しているので、新たに電灯傘型UFOと命名するべきかもしれない。それにしても、背後にある正体不明の照明柱のようなものが気にかかる。


武蔵野八幡宮
武蔵野八幡宮
UFO?


sick joke?2018/01/21 23:45

□喫煙は、ゾンビ化の原因の一つとなります。

 散歩してたら、タバコ屋の前にゾンビマネキンが飾ってあった。
 吸い過ぎるとゾンビになるというシックジョークかな?
 

ゾンビマネキン


生頼範義展2018/01/19 22:46

□SF界のミケランジェロが遺したもの

 いみじくも、「ミケランジェロ」と小松左京が評したイラストレータ、生頼範義(2015年逝去)の展覧会を上野の森に観に行った。
 会場には、氏がカバー絵を描いたおびただしい数のSF本を積み上げたオーライタワーが屹立し、貴重な数百点の原画とともに、不世出の画家の業績を伝えた。
 僕は、代表作の美女戦士の繊細な筆致に目をこらしながら、氏は、リキテックスの使い方を最高に極めたイラストレータのおそらく最後の一人であろうと思った。今の世代は、ほとんどパソコンで描くので、絵の具を使わないのだ。


生頼範義展
生頼範義展


利根運河に河童2017/12/12 18:32

□河童の居る川(つげ忠男)

 何気に、昔のマンガのアンソロジーを見ていたら、面白い発見があった。
 かの「ねじ式」で有名なつげ義春の弟のつげ忠男の漫画も収録されており、題名は、ずばり「河童の居る川」、で、その川というのが、なんと利根運河なのだ。
 そうか、運河駅のそばには、河童が棲んで居るのだ。
 知らんかった!?
 せっかく居るのだから、流山市は、我孫子のウナ吉さんに対抗して、河童をゆるキャラにしたらどうであろうか。
 ちなみに、漫画の中でも、作中の作田さんには河童が見えるらしいが、他の人にも読者にも河童は姿を現さない。


つげ忠男
つげ忠男