箱根で食べた鳩など2017/11/14 23:17

□ワインの効用など

 泊まった「ハイランドホテル」では、羊と鳩の焼いたのを食べた。10年物のラングドックと合わせたが、鳩の意外とジビエのような香りを持った味と実によくあって、そうか、赤ワインと言うものは、日本酒が刺身を美味くするように、獣肉を旨く食べるために作られた飲み物なんだなと舌で納得した。
 最後のデセールは、オレンジを酒精で焼いてもらった。


箱根ハイランドホテル
箱根ハイランドホテル
箱根ハイランドホテル
箱根ハイランドホテル


 ポーラ美術館では、ピクチャーウィンドウからの紅葉を楽しみながら、シーフードカレーを堪能した。視覚もまた味覚の一部である。


ポーラ美術館
箱根ハイランドホテル


箱根観紅葉紀行2017/11/14 23:00

□お山は葉赤盛り

 箱根に一泊して紅葉を楽しんだ。宿の料金が安くて、予約も取り易い平日に気兼ねなく旅行できるのは、退職者の特権なので、各種紅葉情報から13日の月曜を選んで泊まった。
 これがどんぴしゃりで、収蔵品よりも庭園で有名な「箱根美術館」、宿泊した「ハイランドホテル」の庭、帰りに立ち寄った「ポーラ美術館」の散歩道、どれも素晴らしい紅葉と黄葉が楽しめた。
 ただし、帰りの高速、特に首都高の混雑は酷く、そうか、道路は平日の方が混むんだと気が付いた。


箱根美術館
箱根美術館
箱根美術館
箱根美術館
             箱根美術館(大涌谷の噴煙を眺める)


箱根ハイランドホテル
箱根ハイランドホテル
箱根ハイランドホテル
             ハイランドホテル(渓流の紅葉を楽しむ)


ポーラ美術館
ポーラ美術館
ポーラ美術館
             ポーラ美術館(散歩道もアートだ)


ホテリ・アアルト(福島)2017/09/14 23:00

□安らぐ定宿

 福島に行くときは、たいてい泊まる「ホテリ・アアルト」で最後の一泊。
 いつものように、中庭から敷地内の沼を一巡りし(熊避けの鈴の付いた杖を貸してくれる)、ひと風呂浴びて後、地産地消のフレンチを楽しんだ。
 この宿の一つの特長は、晩餐の時のワイン、地酒は無料であることだが、いつも飲みすぎてしまうので、今回は、供される数種のワインを一杯づつ飲むだけにとどめた。もう、へべれけになる歳ではないのだ。
 飲んだなかでは、ポルトガルの白が柔らかい味で気に入った。
 後は、寝て、起きて、高速で帰るだけ。


福島アアルト
ホテリ・アアルト
ホテリ・アアルト
ホテリ・アアルト


すみれ(山形県)2017/09/13 23:34

□米沢牛を食べる。

 山形県に入り、グルメ旅館としてTVで紹介されていた「すみれ」に入る。
 早速、露天風呂でキャンプ場の汗を流した。キャンプで焚火を楽しむと、どうしても体が焦げ臭くなるので、ありがたい。
 温泉に浸かってのんびりしていると、列車の轟音が響き、目の前を新幹線が通り過ぎて行った。この旅館、山奥なのに(山奥だから?)新幹線の線路脇なのだ。鉄キチだったら嬉しいのではないか。
 自慢の米沢牛尽くしの料理は、素晴らしかった。堪能した。
 メインは、すき焼きを選び、コート・デュ・ローヌとも良く合った。次に来る機会があれば、ステーキも試してみたいもんだ。
 翌日の朝食の「イモ煮」も、米沢牛の味が良く染みて絶品だった。
 地元の「高畠ワイナリー」を見学し、「天元台」にロープウェイで昇ってから福島に向かう。


山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ


那須のキャンプ場2017/09/12 17:21

□おお、満天の星が綺麗だな

 年金の支払い通知をもらって一安心、遅まきながら避暑旅行に出かけた。会社勤めを辞めたので、もう夏休み旅行とは言わないのだ。
 三泊四日、栃木県、山形県、福島県をラウンドトリップだ。
 最初の一泊は、那須高原のキャンプ場「キャンプ&キャビン」。
 夏休みも終わり、休祝日でもないので、子供たちのいないキャンプ場は比較的空いていた。もう少したってハロウィーンになると大混雑するらしい。
 キャビンの焚火場で、10年かけて貯めこんだワインのコルク栓を盛大に燃やした。すごく良く燃える。
 焚火につられて、何処からか雨蛙がやってきた。魅入られたように火を見てる。
 夜空を見上げると、おお、満天の星が綺麗だな。


那須キャンプ&キャビン
那須キャンプ&キャビン
那須キャンプ&キャビン


ピースボート乗船紀2017/09/06 22:07

□ぐうたらおやじの地球一周の旅(岩井 真)

 退職したサラリーマンが(退職金で?)乗船した、地球一周「ピースボート」の旅を綴った漫遊記。東洋出版の刊行なので、多分自費出版だと思うが、著者は、企業で何らかの文章(企画書/報告書?)を書き馴れた人のようで、大変読みやすい。図書館でたまたま見つけたのだが、拾い物であった。
 旅行ライターでもない一般人が、しがらみなく書いたピースボート体験として面白く読めた。僕には、次の点が興味深かった。

 ・ピースボートは約1000人の乗客を乗せて3か月で地球を一周する。
 ・乗客の半分は若く(学生等)、残りの半分は年寄り(退職者等)である(著者曰く、人間の使用前と使用後)。
 ・主催者が国連に認められた団体であるため、渡航先で、警備や歓迎会などの面で、それなりの優遇があることもある。
 ・長い航海中、乗客を飽きさせないように、各種の講座があるが、政治色は薄い。
 ・ダンスは出来たほうが楽しめる(ようだ)。
 ・老人が多いので、航海中に数人の病人が出る、寄港地での外泊中に帰らぬ旅に出る人もいる、しかし、スタッフは(慣れているので?)、適切に対応する。

 豪華客船「飛鳥」には手が出ないが、老後、ヒッチハイクよりは安全に世界を一周したいと考えている人には、実用的な参考書として、良いのではないだろうか? 
 今、ピースボートの乗船券は、多分百万円位からの筈である。
 帰らぬ旅となった場合は・・・?
 遺言書さえきちんと書いておけば、それも良いのではないか


peaceboat


日光のレンゲツツジ2017/07/01 14:45

□Forget-me-not

 40年のサラリマン生活を終えて、骨休めに、日光にドライブ旅行。
 戦場ヶ原でレンゲツツジの群生を見る。
 山から鹿が訪ねて来るので有名な中禅寺湖畔のグルメ宿に泊まるが、今宵の鹿さんのお出ましは無かった。
 明けて1日は、リニューアルされた日光内裏を見学しようと思ったが、あいにくの豪雨だったので、すたこらと千葉県に帰る。
 ふと、会社を退職しても、皆さん「Forget-me-not」と思う。


日光
日光
日光
日光
日光
日光


湯河原梅園2017/02/26 23:00

□岩肌に映える紅白の梅

 春も近うなったので、湯河原の温泉宿「藤田屋」に泊まり、梅林を見て帰った。もともとは、幕山の土砂崩れ防止に植えられた梅の花は、岩肌に良く映えていた。
 露店の甘酒が美味しい。


湯河原温泉
湯河原温泉
湯河原温泉
湯河原温泉
湯河原温泉
湯河原温泉


三が日は京都2017/01/03 23:33

□やはり三嶋亭のすき焼きは美味いな

 正月三が日は、例年通り京都で過ごした。
 鴨川に沿って、街をぶらぶら歩き、
 儲かりますようにと御金神社に詣で、
 清明神社の神通力で厄を払っていただき、
 最後に、三嶋亭ですき焼きを食って、お家に帰った。


京都
京都
清明神社
清明神社
京都
京都
京都
京都


筑波山紅葉狩り2016/11/20 01:08

□宿からの眺めが最高

 週末にはいつも満杯の筑波山神社前のお宿が運よく取れたので、紅葉狩りに行ってきた。紅葉というものは、これでなかなか時期が難しいもので、筑波山には何回も行っているが、いつも早すぎるか遅すぎるかで悔しい思いをしていたが、今回はタイミングがどんぴしゃりとあって、見事な紅葉が楽しめた。
 特に、部屋からの、朝の雲海に浮かぶ山麓の紅葉は見事で、さすがに「江戸屋」の仲居が自慢するだけのことはあった。


筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉

筑波山紅葉

筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉
筑波山紅葉