Fukushima 502020/03/11 20:05

□あのとき何が起きていたのか。

 3.11東北大震災の時に、福島第一原子力発電所(1F)で起きた、わが国最悪の原子力事故を、渡辺謙など豪華俳優陣で再現したドキュメンタリードラマ。津波により原子炉の冷却に必要な電源を喪失した1Fは、吉田所長(一人だけ実名で登場)以下のスタッフ決死の対応にもかかわらず炉心溶融と水蒸気爆発に至る。
 当時は想像するしかなかった事故時の炉内の挙動、冷却水喪失、炉心溶融、水素の発生と漏洩、そして水素爆発と圧力容器の破損に至る一連の過程が、映画ならではのCGを駆使してリアルに「見える化」されるのを期待したが、イメージ的な画像の範囲を超えていなかった。事故後9年間の過酷事故解析の成果をもっと反映してほしかったが、科学考証スタッフも明示されていない。
 事故への組織的対応についても、首相から原子力安全委員会委員長、東電社長、発電所長にいたるまで、全員が大声で怒鳴りあっているだけにしか見えず、俳優の力演も上滑りしていた。意思決定プロセスが見えてこないのだ。
 最後に、エンドロールに注目したが、協力に東京電力は出ていなかった。映画の中の東電マークも微妙に本物と変えていた。代わりに、復興庁協力が大きく出ていた。文化庁の助成金も得ている。
 再現ドラマとしては、色々残念な点もあるが、あの事故があったということを伝える映画として貴重。


Fukushima50


CATS2020/02/02 23:06

□最も有名なエリオットの作品

 詩人T.S.エリオットの文学的な代表作は、「荒野」であるが、彼の関わった最も有名な作品となると、「CATS」であろう。少なくとも日本では、このミュージカルなくして、英米文学の徒以外に、この詩人の名前を知る者はいなかったであろう。
 さて、その超ロングセラーのCATSが、最新のSFXで実写映画化された。役者の顔以外は、モーションキャプチャーにCGの衣を被せるという、「アバター」で確立された実写とデジタルの融合は、もはや継ぎ目が全く分からないぐらい自然に、この世ならぬ猫女を現出させていた、まさに映像マジック!
 ところで、最後に気球に乗って天に昇った猫は、いったいどうなっちゃうんだろう。
 あの気球もいつかは落ちるんだし・・・


北小金の猫
CATS


フォードvsフェラーリ2020/01/24 20:08

□レースシーンが全て。

 フォードが初めて常勝フェラーリを打ち負かした、1966年のルマン24時間を描いたレース映画。当時は、芸術的に美しいフェラーリに対する、金にものを言わせたフォードの物量作戦の勝利と解されていたが、この映画は、そこにはやはり、人間、レースカーの設計者のシェルビーとドライバーのケン・マイルズが居たと主張する。
 実写とおそらくCGを併用したと思われるレースシーンは、大迫力で、自分でサルト・サーキットを運転しているようなスリルと錯覚を味わえる。
 そこがこの映画の真髄である。
 素晴らしいレース映画として、本国では、アカデミー賞にノミネートされるなど好評だが、日本での人気は、「栄光のル・マン」のスティーブ・マックイーンのような強烈なスターがいないこともあり、今一のようで、柏の葉の映画館には、僕を含め、7人しか客がいなかった、それもオッサンばかり。


Ford GT40s Lemans 24


ロケットマン2020/01/05 20:01

□令和二年、映画の観初めはエルトン・ジョンの伝記だった。

 遅まきながら、エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」を駅前の弐番館で観た。前半は、ロックスター誕生の成功談で痛快だが、後半は、カミングアウトと薬物闘病記で湿っぽい。
 歌も俳優が唄っているが、僕はエルトン本人の声の方がよかった。
 エルトン・ジョンのジョンの由来がビートルズのジョン・レノンとは知らなかった。
 日本の芸能界は、薬物所持で即追放だが、向こうは関係ないらしい。


ロケットマン


ルパン三世 THE FIRST2019/12/15 20:02

□これは面白い!

 ルパン三世初の3Dアニメ化、あまり評判の良くなかった実写版の二の舞になるかと思ったが、はるかに面白かった。
 最初こそ、解像度の悪いモーションキャプチャーのような人物のゆらゆらした動きに違和感を覚えたが、見慣れるにつれ、それもグランギニョール的な演出と気にならなくなり、実写さながらの質感の車がアニメならではの奔放な動きで繰り広げるカーチェースなど、3Dのメリットがしっかりと生かした痛快な画面に魅了された。 
 主人公ら、人物の造形も、不気味の谷に落ちることもなく、かといってディズニーのアナ雪のように、お人形路線にいくこともなく、特に銭形警部などは、TVでおなじみの2次元アニメの造形を巧みに3D化しており、日本アニメ独自の3D人物モデルの典型を造り上げたといっても良いであろう。この銭形警部の乗る埼玉県警のパトカーがパリを走り回る場面も素晴らしかった。
 話も、TVアニメ時代から持っていた、007的スパイ活劇と、ピンクパンサー的なドタバタ喜劇の絶妙なバランスのままに、スピーディに展開し飽きさせない。また、ルパンと運命の糸で結ばれていた少女との交流には、宮崎俊監督の「カリオストロの城」へのオマージュを感じた。
 なお、「ルパン三世 THE FIRST」という、直訳すると三世・一世みたいな妙なタイトルにも納得するオチがあった。
 見て損はないと思う、ヒットしてほしいと思う。
 そうすれば、トムとジェリーのような、ルパンと銭形警部の永遠の追いかけっこがまた見られるのだから。


ルパン3世


ボーダー2019/11/16 22:43

□実写版ムーミン!?

 北欧のスティーブン・キングとも言われているヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編に基づくダーク・ファンタジー。
 実に不思議というか、はっきり変な映画だ。ネタバレになってしまうので詳しく書けないが、実写版ムーミンのようなものである。逆にこの映画を見て、何故実写版ムーミンが作られないのかがよく分かった。かなり不気味な代物になるのだ。


ボーダー


ブルーノートレコード2019/09/18 22:56

□ヒップホップも元はジャズ

 ジャズ史上に燦然と輝くブルーノートレコードを描いたドキュメンタリーを、つまりはモダンジャズの歴史早わかりみたいな映画を観た。ハービー・ハンコックやウェイン・ショーターのインタビューも入っていた。
 面白く思ったのは、今を時めくヒップホップも、ブルーノートレコードのサンプリングから始まったということ。
 ふーん、そうだったんだ。
 映画館の掲示板に貼ってあった、ファンの投稿が面白かった。


TKPシアター


天気の子2019/09/16 19:20

□雨の日に観る天気の子、ネタバレ有り

 ちょうど雨だったので、敬老の日にシニア割引を使って、今話題の新開監督の「天気の子」を観てきた。基本は典型的な「A Boy Meets a Girl. 」Storyだが、それにSF風味のファンタジーがふりかけてあるのが新開流というか、最近のアニメの王道。
 で、SFの部分なんだけど、結構オチがすごかった。
 え、まさか、そのままホッタラカシなんですか、いいんですか、
 あ、はい、それでも何とかなるのですか。
 これは、異常気象と海面上昇が押し寄せてきてもそれでも世界はなんとか生き延びていく(あるいは生き延びていくしかない)という、気候変動適応マンガだったのだ!?

The Lion King2019/08/21 23:42

□すごいCG技術

 超実写という謳い文句のディズニーアニメ「ライオンキング」を観てきた。
 なるほどすごいCG技術だ。アニメ的なデフォルメは巧妙に抑制され、特に出だしの動物群の疾走は実写と見まがうばかりだった。僕は、「ジュラシックパーク」を最初に見た時の感動を思い出したよ。
 物語自体は、素直な勧善懲悪、「王の帰還」で、素直に楽しめた。
 この技術とスタッフで、元祖ライオンキング?の、手塚治虫「ジャングル大帝」をリメイクしてくれないかな?
 虫プロとディズニーの共作ということで。
 駄目ですか!(*▽*)!


Lion king


GODZILLA2019/06/05 20:05

□ネタばれあり GODZILLA: KING OF THE MONSTERS

 ハリウッドGODZILLAの第2作目(エミリッヒ・ゴジラを入れれば第3作目だが、あれはみんな無かったことにしたいであろうので)、ラドンもモスラもキングギドラも出て、早くも怪獣大行進、オールスター出演である。
 前作に比べて、渡辺謙(芹沢博士)の出番が多く、台詞も(ミュージカルで鍛えられて英語が上達したためか?)随分と長い。準主役級の結構いい役だと喜んでいたら、最後はステロタイプな特攻日本人にさせられていた。ちと微妙な気分である。
 本作は、すでにオールスターキャストなので、これでもうシリーズは終わりじゃないかと危惧したが、ラストは、しっかりと次作に繋がる場面だった。しかし、前述の理由で芹沢博士の出番はもうないのだ。
 なお、伊福部昭の、かの隠れストラビンスキー的なゴジラのテーマが、重要な場面できちんと流れるのを聴くのはとてもうれしかった。
 しかし、アメリカ人は、本気でゴジラ(核兵器)を制御・活用できると思っているらしい、今回の太ったゴジラはトランプに似て見える、慢心ではないか?


GODZILLA