佐原ちゃりちゃり旅行(伊能忠敬1)2007/11/04 21:51

↑伊能忠敬の銅像(佐原「諏訪公園」)

□佐原一泊ちゃりちゃり旅行

クロスバイク(look?)を買って以来、毎年、夏ごろに一泊ちゃりちゃり旅行をしている。今年は、忙しかったのと、天気の兼ね合いがつかず、行けなかたっが、ようやく時間が出来たので、土日(11/3-4)で佐原に行って来た。

佐原にしたのは、前に、小貝川ルートで「間宮林蔵」の生家を訪れたので、今度は、そのお師匠筋にあたる「伊能忠敬」のゆかりの地に行ってみたくなったためである。

一昨年は、潮来、去年は銚子なので、相変わらず利根川CR沿いだ。そろそろ変えたいのだが、やはり、柏から自転車で行きやすい所となるとこうなるのだ。

佐原一泊ちゃりちゃり旅行(11/3-4)

・全走行 141km(柏/佐原往復+香取神社等)

佐原ちゃりちゃり旅行(伊能忠敬2)2007/11/04 22:35

□伊能忠敬の旧宅(佐原)

伊能忠敬はもともとは上総国山辺郡小関村(今の九十九里町)の人であった。佐原の伊能家には婿養子として入った。昔は、今より養子縁組が盛んであったようで、家を絶やさないための知恵が、結果的に能力のある人材に活躍の場を与えていたのであろう。

忠敬の凄い所は、伊能家での商人としての務めを終えて49歳で隠居してから、天文・測量の勉強を始め、55歳での北海道の測量を皮切りに、73歳で没するまで、全国を実測して、日本地図を作成したことである。まさに、偉大な第二の人生である。

記念館の展示によると、伊能忠敬の測量は、天体に基づくため、極めて精度が高く、現在のGPS測量と比べてもほとんど差がないという。江戸時代の科学技術の水準に驚く。

佐原ちゃりちゃり旅行(小江戸1)2007/11/04 23:11

□小江戸と呼ばれる町並み(佐原)

今回、行って、初めて知ったのだが、佐原は、また小江戸と呼ばれる、江戸から明治のイメージを残した町並みでも有名である。戦災にあわなかった幸運と、官民一体となった古い建物の保全活動、街づくりの賜物であるという。

古式ゆかしい建物のほとんどは、しかし、今も、商店や旅館として現役である。川に沿って伸びている、この時代劇のような道をのんびりと歩くのは楽しい。

佐原ちゃりちゃり旅行(小江戸2)2007/11/04 23:30

小江戸さはら舟めぐり

□川から見た町並み(小江戸さはら舟めぐり)

この佐原の町並みを、街の中心を流れている小野川に浮かぶ小舟から眺めてみた。舟は、両岸の商店や蔵を見ながらゆっくりと利根川河口まで下り、この街から、酒や醤油、米が高瀬舟で江戸に運ばれた往時をしのばせた。

佐原ちゃりちゃり旅行(山車)2007/11/04 23:47

□山車の修理(佐原)

佐原では、夏祭りと秋祭りがある。どちらの祭りも、神話上や歴史上の人物の巨大な人形を乗せた山車がたくさん、あの古い町並みを練り歩くのだそうだ。

残念ながら、今年の秋祭りは10月に終わってしまったそうだが、偶然にも、公園で日本武尊の山車を修理しているのを見つけた。確かに大きい。来年は、きっと祭りをみたいもんだ。