つつまし酒2020/12/20 00:12

□つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方(バリッコ 2019)

 著者のバリッコは勤め人だったが、本書のもとになったネット連載を契に、専業の酒飲みライターになったとのこと。と云っても、所謂名店、銘酒へのこだわり、うんちく話はなく、文字通り懐と心にやさしい、ファミレス飲みやコンビニ肴の活用など、非常に身近な飲み方がエッセイのように綴られている。
 鰻漫画「う(2013)」で有名なラズウェル細木の世界の活字に移したような趣だと思ったら、文中では、細木との親交も書かれていた。似た者同士なのだろう。
 46の飲み方の内、僕が惹かれたのは、公園に折りたたみ椅子を持ち込んで、優雅にコップ酒などを楽しむチェア飲み、桜の季節などにやると最高だと思われるが、コロナ禍の今では実行が憚られる。


つつまし酒


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2020/12/20/9328459/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。