日本ワイン礼賛2020/11/08 00:03

□日本ワイン礼賛(辰巳琢郎 2018)

 俳優であり日本ワインの応援団長を自ら任ずる辰巳琢郎が、「日本ワイン」のラベル表示が法的に定められた「日本ワイン元年」の2018年に、満を持して出版した日本ワインの入門書。大変読みやすく、読後、日本ワイン、特に古来から自生している山葡萄を醸したワインが飲みたくなった、
 確かにここ10年くらいで、甲州を筆頭に日本のワインはどんどん美味くなっている。地産地消の強みで防腐剤も少ないのか、二日酔いもしない、当然だが和食にもばっちりあうので大変結構である。
 もっと飲みたいが、狭い国土の日本のワインは、普段飲みクラスでは輸入品と比べて少々お高めである。それは仕方のないことでもあるのだが、僕の財布の都合も仕方のないことであって、今もコンビニ新世界ワインを飲みながらパスタを食べているのであった。


日本ワイン礼賛


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2020/11/08/9314282/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。