千葉県議選挙2019/04/07 17:49

□県民の権利と義務

 千葉県議会議員一般選挙の投票を済ましてきた。
 毎回思うのだが、現行の選挙制度では、地区の候補者の数が少なすぎて多様性に欠けるので(平たく言うとろくな候補者がいないので)、県民の権利を行使して入れたい人に一票入れるというよりは、義務なので少しでもマシそうなのを選ぶということになるのが悲しい。


千葉県議選挙看板


新元号決まる。2019/04/01 18:38

□エープリルフールじゃないよね。

 「平成」の次の元号が「令和」に決まった。
 従来の中国古典ではなく、国書(万葉集)からの初の引用と云う。
 「令」が命令の令なのが少し気にかかるが、美しく和やかな時代という意味だそうだ。どのみち、僕のサポート切れの古いクエクセルでは、新元号は変換出来ないと思っていたが、Windows10をいじくれば可能かもしれない。その内、試してみよう。
令和


風呂屋解体2019/02/20 22:54

□きれいに更地になっている。

 およそ2年前の冬に煙突から小火を出して以来、休業していた風呂屋が遂に解体され、きれいな更地になっていた。
 次に何が来るのかは知らないが、生々流転、また一つ町の記憶が消えていく。


2016年12月
             2016年12月

風呂屋跡地
             2019年2月


堺屋太一さん逝去2019/02/10 23:12

□「団塊の世代」の万博男?

 平成も終わらんとしている今や懐かしの言葉となりつつある「団塊の世代」の名付け親の元通産官僚にして、小説家、元経済企画庁長官の堺屋太一さんが8日、病気で亡くなられていた。
 マスコミの訃報には、堺屋氏の大阪万博(1970年)への貢献は書いてあったが、氏が全く世間にインパクトを与えないままにいつの間にか終わったネット上の博覧会、インパク(2001年)の発案者であったことには触れられていなかった。なかったことにしたい実績なのであろうが、時代を先取りしすぎていたとも言える。
 享年83歳、合掌。

雪でした。2019/02/09 21:02

□朝から寒いと思ったら、

 雪が降っていた。今年初めての雪らしい雪だ。
 駅前商店街のアーケードにも雪が降り込んでいた。
 電車に乗って雪の手賀沼公園に行き、水彩画の会で絵を描いていたら、雪が止んだので、手賀沼沿いを歩いて柏に帰って来た。
 岸の菜の花畑の蕾が早くも開きかけていたが、雪でお花さんもびっくりだ。
 北柏公園で、小鳥の足のスタンプがダンスの教則本みたいだった。
 雪の日の定番の雪だるまを見た、作り人知らず。


柏アーケード
千代田線
柏公園の雪
手賀沼の里山
手賀沼の菜の花と雪
北柏ふるさと公園の雪
北柏ふるさと公園の雪
北柏ふるさと公園の雪


全豪オープン2019/01/26 23:29

□大坂なおみ、21歳で世界一位に!

 女子テニスの大坂なおみ(21歳)が、今日の全豪オープンで優勝し、昨年の全米優勝に続くグランドスラム2連覇を達成するとともに、世界ランキング一位となった。
 ランキング一位は、日本選手としては勿論、アジア人としても初の快挙だ。
 すごい、すごい、すごい、すごすぎる!!!!!
 全豪の優勝賞金は約3億円、大坂の生涯獲得賞金額はこれで、歴代日本女子一位の約10億円に達するそうだ。ちなみに、女子の獲得賞金額世界一はセリーナ・ウィリアムズの約97億円だそうだ。
 全豪の表彰式では、司会者が大坂選手のことを Superstar と紹介した。
 そう、彼女は、今日、紛れもない世界のスーパースターになったのだ。
 最近暗いのが多いニュースの中で、文句なく明るく楽しいニュースに乾杯!


大坂なおみ


グーグル男発見!2018/12/11 20:37

□あれが噂の!?

 都内某所を散策中、背中に360度が写ると思しき全球型カメラを装備した怪しげな歩行者を発見、
 あれが噂のグーグル男か!?
 ああやって地道に歩いてストリートビューを撮っているのだ。
 ということは、俺も撮られていて、その内グーグルマップに登場するのか!?


グーグル男


牛久シャトー2018/11/17 20:04

□百年以上続いたワイナリーの最後の宴

 秋の少しだけ贅沢なお楽しみ、牛久シャトーのワインパーティに今年も参加した。
 いつものように、あるいは、いつも以上に、ワインも料理も美味しかった。
 違うのは、今夜でこのイベントは最後だということ。
 そう、この年末で、百年以上の歴史ある牛久シャトーは、事実上閉鎖する。
 もう、国指定重要文化財の、この豪華な空間で宴を楽しむことは出来ないのだ。
 とても残念だ。


牛久シャトー
牛久シャトー
牛久シャトー
牛久シャトー
牛久シャトー


失礼な話2018/10/21 00:31

□そりゃトッポの声だよ(T T;)

 ジュリーこと沢田研二の、さいたまスーパーアリーナ講演のドタキャン騒動が物議を醸しているが、これを報じたあるTV局では、バックにタイガース時代の楽曲を流していた。それは良いのだが、流した曲が問題で、トッポことタイガースのもう一人のボーカリスト加橋かつみが唄う「花の首飾り」であった。
 という訳で、TV画面では、ジュリーの顔に、トッポの美しいハイトーンが延々と被ることになった。おそらく、番組を担当したTV局の若いスタッフは、タイガースなんて聞いたこともなかったのであろうが、それにしても、大変失礼な話ではあるな。

「新潮45」の廃刊2018/10/12 20:03

□とばっちりを受けたとり・みきらがお気の毒

 図書館で、廃刊の決まった「新潮45」の最後の号を拾い読みした。
 廃刊のきっかけとなった問題のLGBT論も読んだが、主張の良し悪し以前に、飲み屋の与太話みたいなレベルのトンデモ論文であった。
 しかし、同じ「新潮45」には、ヤマザキマリ/とり・みき共作の歴史漫画「プリニウス」など読みでのある作品も連載されており、これらも巻き添えを食らって中止になるのは、著者にとっても読者にとっても、誠にお気の毒な話と思う。


新潮45
とりみき

 その後、「プリニウス」は、文芸誌「新潮」に転載されて、連載は今も継続されている。良かった、良かった。(2019年10月付記)