年金生活入門2018/02/09 22:09

□有難くないお便り

 年金機構からお葉書が届いて、中をめくると、年金振込通知書の額が10%弱減っていて、理由は、「所得税額が変更」とそっけなく書いてあった。
 9月に年金を受領し始めてからまだ半年もたっていない。別に状況が代わった訳では無いのに、何故こここにきて所得税が源泉徴収されるのか、意味が分からないので電話したが、何回かけても全く話し中で繋がらなかった。
 仕方がないのでネットで調べて分かったのは、受領する年金の年額が108万円(65歳未満)、または158万円(65歳以上)を超えると課税するということだった。
 つまり、年が変わって、今後はまるまる1年分支給するので上限を超えます、ついては天引きしますよという訳だ。給料なら仕方ないけど、ただでさえ少ない年金から、さらにとられるとは思わなかったよ。
 春は近いのに心と懐は寒くなってきたなあ~


パンダ象
             イメージ写真


湯島天神梅まつり2018/02/09 16:51

□梅より猿が目立った

 梅はまだちょぼちょぼだったけれど、猿回しの猿がけなげに芸をしていた。


湯島天神梅まつり
湯島天神梅まつり


英語カフェ2018/02/08 18:52

□日本のバレンタインデー

 スペインのオタク兄さんが、スペインではマリファナは法律上は禁止だが、事実上は皆吸っていると言った。僕は日本ではマリファナの取引は、カタカナ英語でジョイント・ベンチャー(Joint Venture)と言うのだと教えてあげた。
 フィリピンのお姉さんが日本のバレンタインデーの習慣を知りたがったので、OLが会社で嫌な上司に義理チョコを贈るときには、阿呆(Nut)という意味を込めて、ナッツ入りのチョコを渡すと教えてあげたら感心していた。手袋を忘れてきて寒いというので、狐の手袋の童話(「手袋を買いに」新美南吉)をして心を温めてあげた。

吉池
             イメージ写真

水彩画クラブ2018/02/08 17:38

□ウドを描く

 誰かが持ってきた「ウド」を描く。
 どうせなら、ぬたと和えて食べたいと思った。


水彩ウド


大堀川散歩2018/02/07 19:41

□今日も結構穏やかな陽気だった。

 葉書を投函しようと外に出ると、思ったよりは暖かだったので、そのまま、今日の東京新聞によると、首都圏で一番河床のセシウム濃度が高い大堀川の遊歩道を伝って、柏の葉公園まで散歩した。
 豊四季台団地から大堀川に入る道の脇の丘で、もう梅が咲き始めている。
 「かしわで」前の中華料理店「心樹」て昼食をとる。
 大堀川から出て、成顕寺の裏手の切通坂を登ると、あの鬱蒼とした竹林がすっかりなくなり、造成されていたので、びっくりする。
 柏の葉公園の隣の「さわやか千葉県民プラザ」で、「柏かわせみの会」のいつもながら見事な写真展を観て帰った。
 

豊四季台団地の梅
大堀川遊歩道
心樹のランチ
成顕寺の裏手切通坂
柏かわせみの会


年金生活入門2018/02/07 19:26

□早く貰った方がよさそうな気がして。

 65歳を前にして、年金機構から繰り延べ支給を希望するかどうかのお手紙が来た。お返事が遅れると、年金の支給が滞るかもしれないと怖いことが書いてあったので、すぐに書いて投函した。
 70歳までは繰り延べるほど、月毎の年金額は増えるのだが、諸先輩は、年金制度がどうなるかわからんから貰えるうちに貰っているというので、それに倣った。例え、政府を信用しても、こちらが想定外に早死にするということもあり得るので、その意味でも65歳から貰っておくことにした。


猫


定年のない仕事2018/02/06 23:25

□定年のない、仕事 エキストラ(小代浩人 2004)

 読むと、僕もエキストラに登録して、第2の人生を楽しもうかと、退職小父さんも元気が出る本。
 CM撮影で深キョンと2ショットになる可能性も、限りなく薄いがゼロではない? 
 この本ではないが、あこがれの怪獣映画に、逃げ惑う大勢の人役で出演した怪獣ファンのエキストラが、あまりの嬉しさに、つい口元をほころばせて監督から怒られたという話を思い出した。
 付録で芸能事務所の一覧も載っている。めざせセリフ付きの役ストラ!
 関係ないが、次の本は「虚無回廊」を借りた。先だって展覧会を観た生頼範義がカバー絵だったからだ。巻末の解説(堀晃x山田正紀x谷甲州の豪華座談会)によると、虚無回廊は、小松左京としては、一番売れなかったSFだったらしい。
 もっと関係ないが、本を返しに行った図書館の駐車場に、えらく決まった黄色のコペンがとまっていた。恰好良かった。


エキストラ
黄色のコペン


新とんかつ屋訪問2018/02/06 13:32

□チェーン店にはない旨さ

 揚げの名人が居た「小笹」が大分前に閉店してからというものは、柏では、好みのとんかつ屋に出会えなくて悲しかったのであるが、今日、一年くらい前に開店していた西口の「ひさご」に訪ねてみた。
 品書きによると、SPF無菌豚を使っているのが売りで、つまりは、寄生虫を恐れずに絶妙な火入れをしているということらしい。
 一番の定番らしいロースカツ定食を頼んだが、なかなか丁重な揚げ具合で、塩ともソースとも良くあって旨かった。なんというか、家庭的というか、チェーン店の品質管理された美味さとはひと味違う、じっくりした旨さであった。
 欲を言えば、冬は、暖かいお茶を出して欲しいとも思うのであった。


柏ひさご


冬は鮟鱇鍋2018/02/05 20:26

□北辰

 冬はやっぱり鮟鱇鍋を食べたいのだが、今年は大洗に行く時間もなんかなくて、近場で食べようと思ったら、高島屋の「北辰」で季節料理として出ていた。
 上品で美味しいお鍋だったが、一緒に頼んだのどぐろの握ったのが非常に旨くて、そっちのほうが印象は強かったかな。


柏・北辰
柏・北辰


掃除機でカメラ掃除2018/02/05 17:48

□凄いぞ掃除機、センサー汚れをとる。

 コンデジは、使っていると、どこからともなく汚れがCCDセンサーに付着して画面のお邪魔虫となる。一眼だとレンズを外して清掃できるが、コンデジの場合は、分解掃除代が高いため、あきらめるか買い替えるしかない。強者は、自分で分解掃除するらしいが、相当のスキルが必要で感電リスクもありハードルが高すぎる。
 僕のキャノンSX100も、ほぼ10年使ってきたが、先日の雪の日の撮影以来、画面左上に、大きな円弧の汚れなどが目立つようになってきた。そろそろ寿命かもと思ったが、ネットで調べると、掃除機で強引にレンズ・鏡胴の隙間からゴミを吸い取る(あるいはどっかに行かす)という荒業がでていたので、ダメ元でやってみた。
 最初はなんの変化もなかったが、吸い口と鏡胴をぴったりくっつけて、ズームを繰り返しながらしつこく吸い続けていると、一番大きな汚れがとれた。小さな染みのような汚れは取り切れなかったが、撮影上は目立たないのでこれで良しとした。
 コンデジの持病とも言うべきCCD汚れだが、あきらめる前に、掃除機法を試してみるのは良いと思う。但し、カメラは勿論、掃除機にも大きな負荷がかかるリスキーな方法なので、あくまで自己責任で。


Before
             Before(園内に円弧状のCCD汚れ)

カメラVS掃除機
             カメラVS掃除機(ご使用は自己責任で)

After
             After(僅かに染みが残るが目立たない)