台風接近中2017/09/17 22:23

□台風に怯えつつ

 台風の接近に怯えつつ、上野駅前の「さくらテラス」で昼食。
 「おぼんdeごはん」のおさかなランチ、なかなか美味しかった。


上野駅前
上野・おぼんでごはん


TOEIC840点に会う。2017/09/16 18:06

□英語カフェ

 所用で上京したついでに、台東区の英語カフェを覗く。
 今日のチャットホスト(ホステス)は、ブラジル人のお姉さんだった。
 参加者は、退職小父さん、退職小母さん、OL、そして僕。
 退職小父さんは、在職中は英語で仕事をしていたそうで、TOEIC840点を誇る。今は、通訳案内士の資格に挑戦しているそうだ。既に1次試験は通過しているが、口頭の2次試験は、現役から離れて2年経つので、思い通りに話すことが出来ずに落ちたそうだ。再チャレンジのために、英会話の機会を増やしたくて来た由。なるほど、それほど流ちょうではなかった。
 一方、退職小母さんは、驚くほど滑らかに喋っていた。こちらも現役時代は英語で窓口業務をしていた由。再就職のためにビジネスE-mailを勉強中とのこと。
 色々な人が来るので、それだけでも面白い。

年金生活入門2017/09/15 20:39

□初支給を確認

 銀行に行って記帳、厚生労働省からの年金の第一回入金を確認した。今後は2か月に一回、偶数月振込とのこと。

ホテリ・アアルト(福島)2017/09/14 23:00

□安らぐ定宿

 福島に行くときは、たいてい泊まる「ホテリ・アアルト」で最後の一泊。
 いつものように、敷地内の沼を散歩してから(熊避けの鈴の付いた杖を貸してくれる)、ひと風呂浴びて後、地産地消のフレンチを楽しんだ。
 この宿の一つの特長は、晩餐の時のワイン、地酒は無料であることだが、いつも飲みすぎてしまうので、今回は、供される数種のワインを一杯づつ飲むだけにとどめた。もう、へべれけになる歳ではないのだ。
 飲んだなかでは、ポルトガルの白が柔らかい味で気に入った。
 後は、寝て、起きて、高速で帰るだけ。


ホテリ・アアルト
ホテリ・アアルト
ホテリ・アアルト


すみれ(山形県)2017/09/13 23:34

□米沢牛を食べる。

 山形県に入り、グルメ旅館としてTVで紹介されていた「すみれ」に入る。
 早速、露天風呂でキャンプ場の汗を流した。キャンプで焚火を楽しむと、どうしても体が焦げ臭くなるので、ありがたい。
 温泉に浸かってのんびりしていると、列車の轟音が響き、目の前を新幹線が通り過ぎて行った。この旅館、山奥なのに(山奥だから?)新幹線の線路脇なのだ。鉄キチだったら嬉しいのではないか。
 自慢の米沢牛尽くしの料理は、素晴らしかった。堪能した。
 メインは、すき焼きを選び、コート・デュ・ローヌとも良く合った。次に来る機会があれば、ステーキも試してみたいもんだ。
 翌日の朝食の「イモ煮」も、米沢牛の味が良く染みて絶品だった。
 地元の「高畠ワイナリー」を見学し、「天元台」にロープウェイで昇ってから福島に向かう。


山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ
山形・すみれ


ウルトラマン・ベンダー!?2017/09/13 22:17

□地球の自販機を守るのだ。

 高速道路のSAにウルトラマンが居た。
 地球の代わりに自販機(ベンディングマシン)を守ってるみたいだ。
 買うと、光と音が出た。


ウルトラマン


那須のキャンプ場2017/09/12 17:21

□おお、満天の星が綺麗だな

 年金の支払い通知をもらって一安心、遅まきながら避暑旅行に出かけた。会社勤めを辞めたので、もう夏休み旅行とは言わないのだ。
 三泊四日、栃木県、山形県、福島県をラウンドトリップだ。
 最初の一泊は、那須高原のキャンプ場「キャンプ&キャビン」。
 夏休みも終わり、休祝日でもないので、子供たちのいないキャンプ場は比較的空いていた。もう少したってハロウィーンになると大混雑するらしい。
 キャビンの焚火場で、10年かけて貯めこんだワインのコルク栓を盛大に燃やした。すごく良く燃える。
 焚火につられて、何処からか雨蛙がやってきた。魅入られたように火を見てる。
 夜空を見上げると、おお、満天の星が綺麗だな。


那須キャンプ&キャビン
那須キャンプ&キャビン
那須キャンプ&キャビン


年金生活入門2017/09/11 16:34

□待望のお手紙来る

 郵便受けを覗いたら、日本年金機構から待望のお手紙が入っていた。
 そのお手紙の名前は、
 「国民年金・厚生年金保険 支給額変更通知書」と「年金支払い通知書」。
 8月に来た年金証書では、現役時代のまま全額支給停止だったので、驚愕したのだが、これで、ようやく9月から年金が振り込まれることが正式に通知された。
 7月の年金申請から、支払通知書まで、約2か月かかった訳だ。額は、さらりまん時代に40年間、延々と天引きされたことを考えると、大変少ない気がするが、それでも大事な月々の活計だ。
 受け取れるのは率直にうれしい。

水彩画の会2017/09/11 16:31

□Pineapple, Apple and Banana

 パイナップルとリンゴとバナナを描く。
 今一也。


水彩画


昼食と夕食2017/09/10 22:53

□梨と鮭と鶏の日

 手賀沼の南側で梨を買う。「幸水」の季節は過ぎていて、「豊水」と「かおり」を買う。
 手賀沼の北側のカフェ「小綬鶏」でランチ。焼き鮭が香ばしかった。 
 夜、東口の「鳥良商店」で夕食、手羽焼など。山ぶどうハイというのに興味をひかれて飲んだが、少々甘かった。