京都詣で2020/12/31 23:33

□富士山が綺麗だった。

 今年も年末年始を京都ですごした。
 コロナは収まらないし、GoToTravelは停止されるしで、考えたのだが、毎年の京都詣でを急に止めては、神様に申し訳が立たないのではないかと許してもらう。
 ひっそりと新幹線に乗ると、意外と7割くらいは席が埋まっていた。
 富士山を窓から眺めながら列車は走る、途中、降雪地帯があり不安に思ったが、京都駅に着くと雪はほんのちらほらで、それもすぐ止んだ。
 昼時に着いたので、いつものように、駅デパの上のレストランで親子丼を食べた。
ただし、いつもの「たん熊」は混んでいたので「尾張屋」にした、ここも美味。
 一日早いが、錦天満宮のお牛さんにご挨拶。
 夜、伊勢丹で買った「辻留」のおせちを、ホテルの部屋で紅白を見ながら食べた。
 久しぶりの紅組の勝利、ひいきのBabyMetalの初出場を喜ぶ。
 2020年が終わる。


新幹線
新幹線
新幹線
京都 尾張屋
錦 天満宮
辻留


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2020/12/31/9337374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。