日本画の読み方2020/02/15 00:09

□名画読本-日本画編(赤瀬川原平 1993) 

 大変失礼な話だが、僕は前衛美術家としての赤瀬川源平の作品よりも、肩の力を抜いて書いた本書のような絵の解説書やトマソンの写真集の方が好きだ。巨大な偽札で有名になった芸術作品の方は、気難しくて堅苦しいが、トマソンや絵の解説の語り口は、柔らかくてこちらに寄り添ってくれているような気がするからだ。
 本書に取り上げられた絵の中では、雪舟の達磨像「慧可断臂図(えかだんぴず) 」が一番印象的だ。画面の左下の隅で、目立たないように、自ら切り落とした片手を差し出す押しかけ弟子 慧可の姿は、耳を切ってゴーギャンに差し出した、ゴッホの肖像画を思い出させるからだ。


赤瀬川氏の本


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2020/02/15/9214020/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。