ロケットマン2020/01/05 20:01

□令和二年、映画の観初めはエルトン・ジョンの伝記だった。

 遅まきながら、エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」を駅前の弐番館で観た。前半は、ロックスター誕生の成功談で痛快だが、後半は、カミングアウトと薬物闘病記で湿っぽい。
 歌も俳優が唄っているが、僕はエルトン本人の声の方がよかった。
 エルトン・ジョンのジョンの由来がビートルズのジョン・レノンとは知らなかった。
 日本の芸能界は、薬物所持で即追放だが、向こうは関係ないらしい。


ロケットマン


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2020/01/05/9198728/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。