日光結構2019/08/07 20:09

□歳をとると好きになってきた。

 遅まきながら、大修復の終わった日光東照宮を観に行った。有名な左甚五郎の「見ざる聞かざる言わざる」をはじめ、あまたの木彫装飾も、もちろん陽明門も、往時のままに彩色し直したたという。
 確かに、どこもかしこも金ぴか、極彩色で絢爛豪華だ。
 若かったころは、このギラギラ感が嫌いだったが、歳をとるにしたがって好きになっていき、今では、とても心にしっくりする。
 趣味は変わるのだ。


日光東照宮
日光東照宮
日光東照宮
日光東照宮
日光東照宮


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2019/08/07/9187240/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。