静嘉堂文庫美術館2019/05/28 22:20

□国宝窯変天目茶碗と刀剣おばさん

 TVのなんでも鑑定団で話題というか物議をかもした窯変天目茶碗の本家本元のまさしく国宝の茶碗を観に、「静嘉堂文庫美術館」に行ってきた。
 茶碗は、とても綺麗だったが、ものすごく好きとは思わなかった。僕には分かりづらい美しさだ。企画展の刀剣展、今はやりの、着物まで着てすっかりその時代に没入した、刀剣女子(おばさん)が熱心に鑑賞していて面白かった。
 

静嘉堂文庫美術館
静嘉堂文庫美術館
静嘉堂文庫


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2019/05/28/9079010/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。