薪能2019/05/19 22:58

□怨霊が主人公な芸能

 肥後細川公園で行われた、宝生派による薪能「黒塚」を観賞してきた。公演前には、主役(シテ)の宝生和英さんと日置貴之准教授による丁寧な解説までついた素晴らしい舞台だった。
 今更ながら分かったのは、能とは、亡霊や怨霊を主人公(シテ)にした、世界でも珍しい形の舞台芸術だということである。普通の怨霊退治劇なら主役のエクソシスト/ゴースト・バスターズ役の坊様は、能では、わき役(ワキ)に過ぎない。


肥後細川庭園
肥後細川庭園


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2019/05/19/9076206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。