元大統領の書いた本2019/05/10 18:29

□大統領失踪(上・下)(ビル・クリントン、ジェイムズ・パタースン 2018)

 元大統領がプロの推理作家と組んで描いた、大統領を主人公にした小説と聞いて、小説の名を借りた暴露本的な内容を期待したのだが、普通の冒険活劇だった。
 意外だったのは、ここに描かれた、多分クリントンにとっての理想の大統領像が、かなりステロタイプにマッチョな愛国者だったこと。かのモニカ・ルインスキーとの「不適切な関係」で形作られたクリントンのイメージとは違うのだ。


大統領失踪


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2019/05/10/9076858/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。