ノートルダム炎上2019/04/16 20:09

□ Notre Dame is broken down,

 深夜のTVをたらたらと見ていたら、突然テロップでノートルダム寺院が炎上と出て、そのあとすぐ大聖堂の尖塔が倒れる映像が飛び込んで来たので仰天した。
 瞬間的に思ったのは、放火による金閣寺炎上(1950)やテロの可能性だったが、今回は改修工事の際の失火が原因のようだ。
 漠然と西欧の古い教会は皆石造りだと思っていたが、屋根や尖塔は木製で、燃え落ちるのであった。幸い石造りの構造部分は無事なので、修復するという。
 偶然ではあるが、今、マザーグースの本を読んでいて、ニュースを聞いたのは、ちょうど、ロンドン橋(London Bridge is broken down, broken down, )を詠んでいるところであった。


東京新聞2019-4-17
                東京新聞


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2019/04/16/9062333/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。