本を売るなら、2018/11/09 19:44

□BOOK OFF。

 狭い横穴式住居では、本の厚さと重さも馬鹿にできない。居住空間が侵食されるのだ。ということで、泣く泣くBOOK OFFに行った。
 大き目の段箱にぎっちり一杯入れたのが、〆て2500円也。
 思ってたよりは高く売れたような、もっと二束三文だと思っていたのだ。
 意外だったのは、英語の本でも綺麗ならば引き取ってくれたこと。


BOOKOFF


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/11/09/8995134/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。