プーと大人になった僕2018/09/25 17:50

□残念な映画

 雨の日は映画館に行こう、散歩にも行けないから。
 そう思って「プーと大人になった僕」を観に行ったが、ビジュアル的にも、筋的にも少々残念な映画だった。
 しゃがれた声で「クリストファー・ロビン」と不気味に囁く、毛皮の擦り切れたような熊の縫いぐるみは、あまり可愛くなく、「大人になった僕」の日常の描き方も、ステロタイプで妙に説明的なので、観ていても、それほど子供時代に戻りたい気分が湧いてこない。笑いやアクションなどの刺激も少ないので時々、ふっと眠くなる。
 同じ「大人のぬいぐるみ」映画ならば「童心を取り戻す」クリストファー・ロビンではなく、「童心のまま大人になってしまった」”Ted”の方が爽快感もあって面白かった。
 あと、この映画では、仕事のために家庭をないがしろにする父親と、子育てに専念する母親という対比が、一つの軸になっていたが、これも、ほとんどの家庭が共働きになった今では、古臭い。そのためか、映画の設定年代は、(車の型から考えて)1950年代ころにしてある。つまり、どのみち、現代ではなりたたないお話なのだ。
 ところで、この映画は、子供が喜ぶとはとても思えないが、かと言って、前述の”Ted”のように、はっきりと大人向けでもない。誰に見せるつもりだったんだろう。その曖昧さの為か、映画館はがらがらだった。

とんかつ「和幸」2018/09/25 22:41

□久しぶりに食べると美味しい。

 おおたかの森SCで、「和幸」のとんかつを食べた。
 久しぶりに食べると美味しい。


とんかつ「和幸」