阿久悠伝2018/09/04 19:08

□星をつくった男-阿久悠と、その時代(重松清 2012)

 最も多くの歌謡曲の作詞を行った男の一人、阿久悠の伝記。必然的に昭和歌謡曲史でもある。僕としてはペッパー警部を始めとするピンクレディーの楽曲に関する章を一番懐かしく読んだ。
 世界でも例を見ない、このコミカルでSFで楽しい完全なる虚構の世界の歌物語の路線は、今のJ-POPには見当たらない。
 これは、民族の文化的財産なので、誰かが継いでほしいと思う。


阿久悠伝


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/09/04/8956330/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。