ルーブル美術館展2018/08/25 22:35

□エジプトの美女の永遠性あるいはゴヤの子供

 知人に無料券を貰ったので、乃木坂の国立新美術館の「ルーブル美術館展」を観に行った。30分ほど待たされたが、入場者数を制御しているので、中に入れば、比較的じっくりと観賞出来た。
 入り口近くの紀元前のエジプトの美女に魅了され、真ん中あたりのゴヤの子供像に感心した。ゴヤは本当に上手だなあ。


ルーブル美術館展


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/08/25/8951452/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。