MI:FALLOUT2018/08/19 02:20

□ひたすら走るトム・クルーズ

 ミッション・インポッシブルの最新版フォールアウトを観た。
 50歳代のトム・クルーズの捨て身のアクションシーンが売りだ。ともかく、よく走り、よく飛び降りて、骨折したらしい。
 前作の敵役のシンジケートの親分が、今作では核爆弾のボタンを押してイーサン・ハントを追い詰める。迫りくる世界の危機、派手なカーチェース、謎の美女の暗躍,
程よいSF風味と、これは完璧な娯楽活劇映画だ。料金分は必ず楽しめる。
 さて、この雰囲気どこかで嗅いだと思ったら、そうだ、まさしく昔の007だ。なるほど、トムもおっさんになったので、もともとおっさんだったショーン・コネリーが主役のボンド映画と、話の造りが似て来るのだと納得。但し、ここでのイギリス諜報部MI6は、少々悪役ぽい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/08/19/8946753/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。