真夏のジャズコン2018/08/04 16:38

□UENO JAZZ INN’18

 不忍池の水上音楽堂に、ジャズコンサートを聞きに行った。
 4時から開園したが、真夏の日はまだぎらぎらと元気で、半屋外の会場では、配られたうちわで扇いでも扇いでも、缶ビールを飲んでもひたすら暑かった。
 最初は、新人の登竜門、浅草JAZZコンテストのバンド部門とボーカル部門でそれぞれ優勝した西村健司セクステットと有川久美子のコラボ、荒削りだったがその分、音は若々しくて元気だった。
 二番手は、今どき珍しいビッグバンド「ジェントル・フォレスト・ジャズバンド」。実にプロらしい決まった音だったが、司会の言うには、実力バンドなのに知名度がまるでないそうだ。僕も初めて聞いて感心した。
 そのあと、カルテットが一組入り、トリは、世界の日野皓正クインテットなのだが、それらを聞いていると、今夜の手賀沼花火大会に間に合わなくなるので、真打は聞かずにあたふたと柏に帰った。
 残念だが、幕間の抽選でJAZZ帽子が当たったから、それで良しとしよう。


上野JAZZ INN
上野JAZZ INN
上野JAZZ INN


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/08/04/8936077/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。