思わぬ原因2018/07/24 20:29

□カルキ!?

 風呂のシャワーの温水が出なくなった(冷たいまま温まらない)ので、ガス会社に来てもらった。蛇口からは普通にお湯が出るので、さては面妖なことと思っていたが、来てくれた技術者は、慣れた様子でシャワーヘッドの細穴を安全ピンを抜き挿しして掃除しだした。
 実は、既に、同じ横穴式集合住居の原住民から、同様の修理依頼が数件あったとの由、馴れているので対応が早いのだ。
 結論を言うと、犯人は水道水のカルキであった。少しずつ堆積したカルキがシャワーヘッドの細穴にこびりついて、流量がセンサーの検出限界を下回ったために、給湯器が点火しなかったそうだ。
 たまには、掃除が必要と言う話だが、まさか、カルキでシャワーが詰まってお湯が出なくなるとは知らんかった。 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/07/24/8924766/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。