ハーラン・エリスン氏逝去2018/07/01 12:15

□スタートレックの脚本もかいていたんだ。

 ニューウェーブ(当時)のSF作家として知られたハーラン・エリスン氏が6月27日に亡くなっていた。氏の名前は、SFファン以外には知られていないが、出世作の一つの邦題「世界の中心で愛を叫んだけもの」は、エヴァンゲリオン(TVアニメ)最終話のタイトルにオマージュ的に引用されたり、なによりも、SFとは全く無関係な恋愛小説とそれを元にしたTVドラマのタイトル「世界の中心で、愛を叫ぶ(セカチュー)」として、引用(パクり!?)されたので、題名のみは日本国中で有名になった。
 いわば、本歌取りのみが有名になった元歌の忘れられた原作者だ。
 とは言っても、「世界の中心で愛を叫んだけもの」の原題は、The Beast that Shouted Love at the Heart of the World なので、 褒められるべきは、あるいは盗用?に怒るべきは、at the Heart of the World を「世界の中心で」と訳した名翻訳者 浅倉久志氏なのかもしれない。


本郷