ルーブルの看板2018/06/08 23:24

□古典は素晴らしいが退屈かもしれない

 新松戸のホームで電車を待っていたら、ルーブル展の大きな看板が立っていた。
 まさに立て看板だ。古今東西の名品の写真がずらりと並べてあるが、あまりときめかないのに我ながら驚いた。どれも大変立派な人類遺産で完全過ぎるので、呪術的なエジプトの仮面以外は、やや退屈なのだ。
 どんなに優れた古典が倉庫に山盛りあっても、それでもやっぱり、今どきの絵も要るのだと納得。


ルーブル展


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/06/08/8885194/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。