洗濯機2018/06/05 11:40

□マイコンだらけ

 買って一年もしないドラム式の洗濯機のスイッチが入らなくなったので、修理の人に来てもらう。最初は電源基盤を疑ったが、結局スイッチ基盤を取り替えたら復帰したので、圧電素子からの配線で接触不良が起きていたようだ。開腹した洗濯機の中はICと配線がのたくっていた。
 スイッチ復旧の修理自体はすんなりと30分で済んだのだが、その後、スマートフォンをリモコン代わりにするためのデータの引継ぎとやらが上手くいかず時間がかかりそうになったので、そこはスキップしてもらって修理完了とした。
 どのみち、我が家では、ボタンを押して洗濯できればそれでよいのだ。
 我が家のドラム式洗濯機、同じメーカで3代目だが、一台として、修理履歴無しで天寿を全うしたものはない。大体マイコンがらみで故障するので、長期保証への加入は必須である。


南柏
             イメージ写真


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/06/05/8876322/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。