大きな太ったものが残った2018/05/21 01:22

□Big Fat Cat and The Mustard Pie(向山貴彦(文)・たかしまてつを(絵)2002)

 英語の勉強用に読んだ絵本。
 英語で書かれた絵本と、そこに使われた英文の説明が対になった学習本である。
 で、中身なのだが、街の片隅のゴーストタウン化しつつある古いショッピングモールに、やっとのことで自分の店を持てた若いパティシエが売れないお菓子と盗み食いする大きな太った猫に悪戦苦闘しつつめげずに頑張るのだが、結局、家主が借金で夜逃げしたために折角借りた店も取り壊されて、哀れ、彼の元には、大きな太った猫だけが残るという悲しいお話である。
 脱サラして飲食業を始めようと思っている人は、読んでおいた方がいいと思う。
 嗚呼。
 絵は可愛い。


Big Fat Cat & The Mastard Pie


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/05/21/8855998/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。