水彩画の会展2018/04/15 23:18

□なかなかの壮観

 朝、「アビスタ」に行き、皆で絵を飾る。
 一人、2点を出展するので、全部で約50点が壁に並ぶ。
 数は力也、
 なかなかの壮観だ。
 僕は、花の絵手賀沼のスケッチを出した。


アビスタ


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2018/04/15/8827256/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。