帝都大戦不発2018/04/01 20:07

□アラマタ美術史(荒俣 宏 2010)

 冒頭、我々現生人類(ホモサピエンス)がネアンデルタール人との生存競争に勝ち残ったのは、絵が描けたからではないかという仮説が提示され、以降、絵画の魔法について東西(というか日本と欧州)の歴史がひもとかれる。
 読んでる間は、ふむふむと頷いたと思ったのだが、一か月たってみるとどこに感心したのか思い出せない。うすらぼんやりと、意外にまともな講義だったなあという印象しかないのだ。例えれば、邪かましいセシル・テイラーを聞こうとしたら、端正なエリック・サティが出てきたみたいなもんだ。
 やはりこの人には、怨念に満ちた怪奇面妖な暗黒美術史を話してほしかった。
 昔の奇人も、成功してエスタブリッシュメントになったら、灰汁が抜けた?
 あ、最近の研究では、スペインの洞窟で見つかった壁画は、ネアンデルタール人の描いたものと判明したらしい。彼らの方が先に絵を描いていたのだ。


荒俣宏


運河の桜2018/04/01 20:10

□実は日本で一番長い運河の桜並木

 実は日本で一番長い運河は、有名な小樽運河ではなくて、ここ利根運河なのであるからして、運河の桜並木としても、ここが一番長いということになる。
 今年は、どこでも平年より10日程度花の時期が早いようで、運河の桜も大満開で素晴らしかった。それは良いのだけれど、この調子だと、週末に予定されている「利根運河の桜まつり」のころには、すっかり散っていると思われ、桜まつりのチラシを配ってくれた地元ボランティアの人も苦笑いをしていた。
 そういえば、桜とともに、菜の花もまた満開になりつつあるのであった。


利根運河
利根運河
利根運河
利根運河
利根運河