JAZZ中学生「セッション」?2017/09/01 19:13

□御大のお怒りはご尤もの声高しなれど・・・

 著名なトランぺッター日野皓正氏と小・中学生との共演JAZZイベントで、指揮に従わず、えんえんとドラムソロを続けた中学生を、日野氏がびんた(のように見える動き)で止めさせたというニュースが、週刊文春の記事を契機に、TVでも流された。
 中学生は、最初、スティックを取り上げられ制止されても、なお素手でスネアを叩き続けたというのだから、御大のお怒りはご尤もだが、教育委員会主催のイベントでの体罰?はやはりまずかったようだ。
 僕は、この話を聞いた瞬間に、その中学生は、きっと映画「セッション」ごっこをしたかっただけなのだと思ったが、堀晃氏のブログにも言及があったので、やはりと、意を強くしたのであった。
 中学生にとっては、映画の世界の洒落は、現実世界にはなかなか通用しないことが、今の内に分かったのは、ある意味、幸せであったと思う。

ベルギー奇想の系譜展2017/09/01 21:10

□ボスとブリューゲル恐るべし。

 渋谷の文化村に「ベルギー奇想の系譜」展を観に行く。
 ボッシュ、ブリューゲルからマグリット以降、現代までの奇想絵画の流れを展示していたが、最初に展示されるボスの油絵とブリューゲルの版画が圧倒的なので(これらには大満足)、正直、後はいらないという感じであった。そのスペースがあれば、もっと、例えばブリューゲルの油絵も見せてほしかったな。
 もともと、聖書の教えの絵解きから始まった、啓発的な宗教画としての奇想画と、近代以降の精神分析を下敷きにしたシュールリアリズムを、地域というだけで、同一線上に置くのは、企画としては少々無理があったのではないか。
 ま、改めてデルヴォーとマグリットの絵を並べてみると、なんとなくのイメージと違って、マグリットは、絵画技法的には、上手いんだなあという発見?もあった。、


ベルギー奇想の系譜展


飲みすぎのツケ?2017/09/01 23:32

□今日は水。

 猛暑で体力が落ちたところに、このところ、飲みすぎが続いたせいか、数日前から口内炎ができて、舌先が痛い。
 今日は、おとなしく水で過ごした。

編集長VS漫画家2017/09/02 12:27

□漫画家‐この素晴らしき人たち(山本和夫)

 「週刊漫画サンデー」の元編集長が書いた漫画家21名との交友録。
 谷岡ヤスジの天才性、杉浦日向子のデビュー当時からの江戸指向、馬場のぼるのほのぼのさが読後感に残る。
 わたせせいぞうが保険会社のエリートサラリーマンだったとは知らなんだ。
 元編集長によると、漫画家は相手がヒラでも編集長でも同じ態度だが、劇画家は変わるそうだ。より組織人ということか?
 大友克洋らは、本書(1997年出版)には出てこない。この次の世代なんだな。

アニメの世界浸透と拡散2017/09/02 23:10

□オタク・イン・USA-愛と誤解のAnime輸入史
                         (パトリック・マシアス著、町山智浩編・訳)

 カリフォルニア州に生まれ、怪獣とアニメにあこがれた末に東京に在住しているアメリカ人のアニメ考を、東京で生まれ、カリフォルニアに住んでいる日本人が編集・翻訳した、オタクによるオタクのためのオタク史本(住所はいずれも2006年出版時)。
 Anime輸入史とあるが、原作マンガや怪獣映画・特撮ヒーローも扱われており、アメリカにおける日本のポップカルチャーの浸透と拡散の記録となっている。日本側から見れば、アメリカのオタク(NERD、GEEK)コミュニティを突破口にしたクールジャパンの売り込みの歴史とも言える。アニメではないが、失敗に終わった「ピンクレディー」のアメリカ進出も、この流れの中で紹介されている。
 扱われているのは、アトムよりもう少し後の時代、ガンダム、セーラームーン、うる星やつら、攻殻機動隊辺りまでだが、宮崎駿やポケモンなどのメジャーな題材は、さらりと流され、「やおい」マンガの米国上陸などが、オタク的に書き込んであるのが面白い。但し、宮崎アニメのオスカー受賞作を「もののけ姫」としているのは明らかな事実誤認(正しくは「千と千尋の神隠し」)で、著者のオタク力にやや疑問が生じる。
 小池一夫・小島剛夕の「子連れ狼」がマーベルコミックに与えた影響分析などは、日本人では気づきにくい視点として面白かった。高千穂遥の「ダーティ・ペア」もアメリマンガ(アメリカ版マンガ)になり、独自の進化を遂げたようである。
 本書を読むと、今やほとんどの日本のアニメ・漫画・劇画は、米国進出を果たしたように思えるが、何故か、かの過激なレディースコミックについての言及はなかった。著者の趣味に合わなかったのか、あるいは現在、上陸中なのか・・・。
 表紙見開口絵のアニメ・コンベンションに集う全米のコスプレイヤーの写真は、ある種天国のような悪夢のような・・・・それだけでも一見の価値あり。
 OTAKU UNITE!

夏の終わりの鰻重2017/09/03 22:42

□厨房を継いだのはお弟子さんであった。

 舌先に出来た炎症がようやく治りかけてきたので、完治を目指して、ビタミンAが豊富で口内炎に良いと言われている鰻を食べに「大和田」に行った。
 いつもの通り、ほくほくの鰻重を美味しく食べて、帰りがけに確認したら、昨年の店主の引退後、厨房を仕切っているのは、息子さんではなく、前から居た弟子の職人とのことであった。二代目は、お持ち帰り専門の別店舗で頑張っているそうだ。
 なにはともあれ、名店の味が継承されていくのは良いことだ。
 舌先に用心しいしい特別純米「豊盃」をいただく。
 染み入る旨さかな。

Style-32017/09/03 23:51

□若い時の葉加瀬太郎のバンドみたいだ

 駅前アーケードのイベントスペースで、バイオリンとベース、キーボードのトリオが乗りの良いジャズとクラッシックとラテンのフュージョンのような曲を演っていた。非常に楽しそうで、聞く人も皆にこにこしてた。
 ちょっと、葉加瀬太郎が若い時のバンド(クライズラー&カンパニー)を思い出してしまう。粗削りだが、生き生きとした音楽は、今後が期待できるな。

水彩画の会2017/09/04 19:00

□トルコ桔梗

 今日のお題も花。
 色付きのティッシュペーパーを丸めたような花だと思ったら、トルコ桔梗という立派な名前があった。
 それなりに、描きなれてきたのだが、なんか線が伸びやかでない。
 色はまずまず。


トルコ桔梗


ウォーキング講習会2017/09/05 21:01

□ポイントは3つだ。

 柏の葉公園で行われたウォーキング講習会に参加した。
 ウォーキングクラブの指導員が靴の履き方から教えてくれた。
 「腕を振る」「踵から着地」「目線は遠く」がポイントみたいだ。
 自分の歩幅も実測出来た。のんべんだらりと歩くと70㎝弱、意識してウォーキング歩きすると約80㎝だった。学んだことを忘れないうちに、こんぶくろ池まで往復、体験ウォーキングして、講習会は終了。
 帰り際に気が付いたのだが、公園には、もう色付き始めた樹があって驚いた。
 今はもう秋、なのだ。
 講習および帰りのウォーキングで今日は24千歩。


柏の葉公園


パスポート申請2017/09/06 20:28

□行先はまだ決まっていないけど…

 我孫子駅前の行政サービスセンターにパスポート申請書を提出。
 オフィスが空いていたので、すぐに見てもらった。係員はとても親切で良かったのだが、自分で撮った顔写真の、頭頂までの余白の寸法(2~4㎜)まできちんと定規でチェックされたのには驚いた。もっと大雑把だと思ってたのだ。
 結局、何事もなく、10分くらいで受理してもらい、2週間後には、新しいパスポートを受け取れることとなった。昔は、松戸まで行って、結構待たされた記憶があるので、最近の行政サービスの進歩に感心した。