植物ワイパー2017/06/19 20:09

□ついに実物の良品を発見。

 かの赤瀬川原平画伯が「トマソン」と名付けた芸術作品群の中でも、そのエコロジー的香味において際立っていたのが、野草が風とともに奏でたダンスの記録である「植物ワイパー」であろう。
 僕は、その実物をいつかは自分の目で見たいと熱望していたが、曖昧な作品はあっても、これぞ植物ワイパー!というのには、なかなか出会えなかった。
 しかし、ついに、今日、水天宮に居住の弁護士先生を訪ねる道すがら、良品を発見したのであった。
 夢は、願えばいつかはかなう(多くの例外あり)。


植物ワイパー
植物ワイパー


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2017/06/19/8613914/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。