村上保展2017/04/05 19:00

□30年ぶりくらいかな

 東京駅の国際フォーラムに寄り、モダンアートの彫刻家、村上保氏の展覧会を観る。開幕日だったので、作者にも挨拶できた。作風が好きなので、展覧会には、ときどき行ったが、お会いするのは30年ぶりくらいだ。こちらの頭は薄くなったが、作家の頭はまだふさふさだった。
 若い時は大きな木彫を作っていたが、今は、年をとったので、軽くて製作が容易な乾漆が中心とのこと。レセプションのワインとつまみを少々馳走になる。
 僕以外の参加者は、皆、芸術家や関係者だったので、久しぶりに、ゲージツの会話を楽しむ。


国際フォーラム


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2017/04/05/8447353/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。