君の名は。2016/09/25 23:55

□いつのまにかシン・ゴジラを抜いていたシン・カイ(新海)アニメ

 封切以来、あれよあれよという快進撃で、いつの間にか興収100億円で、好調「シン・ゴジラ(同72億円)」を抜いていた「君の名は。」を遅ればせながら観に行った。話題になったものは見たがるミーハーだからだ。
 薄給(多分)アニメーターの血と汗と涙で描き込まれた緻密な背景に感嘆し、ある意味ではゴジラよりSF的な設定に感心し、ツボを押さえた盛り上げと最後まで面倒を見るストーリーを運びきった新時代の才能に拍手。
 正直言って、今どきのデジタルアニメ風の線の細い図柄、特に人物描写には、今一、おじさんなじめないのではあるが、面白かったのは事実なので。


君の名は。

PS(ネタバレ有!?)
 別れてから三歩歩くと、もうお互いの名前を忘れてしまう鶏頭(とりあたま)の恋人達の悲喜劇とも言える。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2016/09/25/8201726/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。