法務局2016/08/04 00:44

□手続き

 某地方法務局某支局に書類を提出。
 司法書士に依頼する数万円を節約したためである。
 順調に行けば、17日に完了する。

□入金

 保険会社から入院補償を振り込んだとのお手紙あり。
 めでたくもあり、めでたくもなし。

手賀沼花火大会2016/08/06 20:46

□今年はYouTubeで実況してた。

 毎年の楽しみの手賀沼花火大会の日が今年もやってきた。
 YouTubeの実況を聴きながら、目の前の花火も見るのであった。


手賀沼花火大会


 ヒロシマに原爆が落ちた日に、花火が観られる平和の有り難さ。


JK病院2016/08/06 23:00

□治療終了

 2月に受けた頬骨骨折手術の経過を美人のS先生にに観てもらう。
 良好とのことなので、これにて治療は終了。
 5月末にまた転倒したことを話し、念のためにMRI検査の予約を入れる。
 JK病院、まだ、完全な卒業とはいかぬ。
 

シン・ゴジラ2016/08/07 23:12

□ゴジラ会議は踊る!?

 エヴァの庵野監督が監督することが売りの「シン・ゴジラ」を観てきた。
 着ぐるみではなくCGを使ったのは、アニメの延長線上で演出したかったのだと理解できた。ゴジラは、まさにフルアニメーションのように自在に動き、新機軸の背びれから放射する核レーザーも違和感なく美しい。監督が目指したのは、実写映画ではなく、実写に限りなく近いアニメなのだろう。自衛隊の戦車もアニメのように軽く動く。
 物語的には、メインのアイデアとなった灼熱の赤ゴジラをはじめ、過去のゴジラ映画からの引用も多く、あえて新曲を使わず伊福部サウンドで押し通すのも、あざとくもオタクマインドをくすぐる。
 映画としての欠点は、ネットでユーザー批評が「ゴジラ会議」と揶揄しているごとく、会議場面が長いこと。ゴジラの活躍より、怒鳴りあっている人の顔のアップが長いのだ。金のかかる合戦場面を最小にして会話で時間を稼ぐ大河ドラマみたいだ。
 おかげで一緒に行った我がツレアイは、延々と続く会議に飽きて寝こけ、肝心のゴジラの咆哮・大破壊シーンを見損ねたと不満顔。会議場面を半分にすれば大傑作になったであろうに残念。
 怪獣映画に政治性(ポリティカルシミュレーション)はあっても良いが、政治場面はいらない。


GODZILLA


 P.S. 東京全域を壊滅させ、最後は、東京駅を寝床に討死(?)するゴジラだが、首相を疎開させる場面はあっても、天皇を避難させる話は出てこない。大災害が東京を見舞えば、当然、象徴天皇の保護も最重要課題となる筈である。国のあり方(国体)に関する疑似政治学的な議論がウリ(?)のこの映画にしては不自然ではないか、被害地域に含まれている筈の皇居炎上の描写もない。
 タブーでもあるのかいな。
 帝都大戦の荒俣宏だったら、現人神が、荒ぶる神ゴジラを祈祷で退散させる場面を入れるんじゃなかろうかと夢想する。


ゴジラの後のパスタ2016/08/07 23:45

□三井ガーデンホテル柏のコメ・スタ

 ゴジラを観た後は、以前から気になっていた駅前の三井ガーデンホテルに入っている「コメ・スタ」で食す。
 野田の本店に比べても広々とした良い空間だ。
 サラダ、パスタ、ステーキを頼んだが、他の客を見るとタコのカルパッチョが一番人気みたいだ。次は試してみよう。
 赤ワインを尿瓶のような容器で頼むと、曲芸のように注いでくれるので楽しい。


三井GH柏の葉「コメ・スタ」


行政センター2016/08/13 23:41

□便利なもんだ。

 行政サービスセンターに行って、とある手続きを済ませた。
 土曜でも駅前でお役所仕事(言葉通りの意味で)をやってくれるのだから、昔日に比べると便利になったもんだ。
 ありがたい。

とりで花火大会2016/08/13 23:48

□遠くの花火

 街から取手の花火が見えた。
 遠くの花火も良いもんだ。


とりで花火大会


どこかの花火2016/08/14 23:35

□白井の方かなあ?

 今日も遠くの方で花火があがっていた。
 どこだかよくわからない。


2016夏花火


満天の湯の花火2016/08/15 23:43

□にゃんこ花火

 手賀沼温泉の「満天の湯」でも花火をあげた。
 湯上りのビールとにゃんこ花火の組み合わせが日本の夏である。


2016満天の湯の花火


五輪テニスで銅メダル2016/08/15 23:53

□巌流島の武蔵みたいだな。

 朝起きたら、国際的運動会(©堀晃)でテニスの錦織圭がスペインのナダルに勝って銅メダルをとっていた。
 第1セットを先取した錦織だったが、第2セットを失い、流れはナダルに向かいかけた。しかし、第3セットに入る前に、長いトイレ休憩をとって気持ちを切り替え、第3セットを競り勝った。
 ナダルは、錦織の11分間のトイレ休憩を待つ間、コート内を行ったり来たりしていらだちを隠せなかった。錦織は、結果的には、まるで、巌流島にわざと遅れて、小次郎の平常心を失わせた、武蔵みたいな心理戦をしかけたことになる。
 何はともあれ北京五輪の覇者に勝ったのであるからめでたい。