ジテツー再開!2015/09/01 23:47

□Summer has gone, Autumn has come.

 さしもの猛暑もようやく去ったと思ったら、急に秋めいてきたのは良いが、じとじと戻り梅雨のような感じになったのは困ったもんだ。
 それでも、今日は、多少怪しい雲行きながら、とりあえず降らなかったので、8月中は暑くてできなかったジテツーを再開。
 まだまだ坂を上ると汗だくになるが、それでもまあ走れる。
 何よりも、足をクルクル回して走っていると、仕事を忘れて無心になれ、気持ちがリフレッシュ出来るのが嬉しい。


手賀沼


OB会2015/09/04 21:57

□手賀沼のうなきちさんの気持ちは?

 OB会のお世話で、前の会社の工場見学。
 ふうふう無事に終わって良かったな。
 ご協力いただいた方々に深謝。
 草臥れた。


手賀沼のうなきちさん


ふるさと田中みこし祭り2015/09/05 23:00

□金ぴかのみこしがずらりと並んだ。

 柏の葉の英語教室から出て来たら、駅前広場に金ぴかのみこしやら屋台やらがずらりと並んでいた。歩道橋の垂れ幕には「ふるさと田中みこし祭り」と書いてあった。
 そういえば、まだ、この辺が開発中で、駅以外は空き地だらけだった時に、見たことがあり、その時は花火まで上がって面白かったのだけど、今日の夕方は、流山の方に行きたっかったのでパスしたよ。


柏の葉
柏の葉
柏の葉


流鉄ビア電車と神社ズコン2015/09/05 23:22

□呑み鉄と乗り鉄とTeke5

 流山駅で、駅に横付けした電車の中でビールを飲みながらLIVEを楽しむという「流鉄ビア電車」というイベントがあったので、覗いてきた。
 なかなかの盛況で、老若男女が仲良く、駅のプラットフォームや電車の中で、飲み食いしていた。僕の頼んだローストチキンもなかなか。
 鉄道会社の催し物で、本来の動く電車に乗らないのも失礼なので、当たり前ながらきちんと切符を買って、近場の駅まで往復もしてみた。実は、これが僕にとっての「流鉄」初体験だ。昔ながらのがたごとする電車に、昔ながらの(冷たいステン肌ではなく)塗装がしてある電車に乗るのは楽しかった。


流鉄ビア電車
流鉄ビア電車
流鉄ビア電車
流鉄ビア電車
流鉄ビア電車


 乗り鉄も楽しんだ後は、駅前の「浅間神社」で同時に開かれていた「切り絵行灯と音楽の夕べ」にも立ち寄り、しばしJAZZを楽しんでから帰宅した。
 後藤 純という女性ボーカルの唄った「Take5」、実は、Take5のボーカル版を聴くのはこれが初めてだったので、なんだか少し得した気分になったよ。


流山JAZZ
流山JAZZ


ジュラシック・ワールド2015/09/06 23:37

□ラプトルが可愛い。

 雨が降るかもしれない日曜日は、濡れる心配のない映画館で過ごすに限る。蘇った恐竜世界を舞台にした「ジュラシック・ワールド」を観た。
 夏休みも過ぎたのに結構子供もいて、最近の映画館には珍しく館内が混んでいたのはご同慶のいたりである。ま、その分、同時期公開の国産実写モンスター映画の「進撃の巨人」は客を取られたみたいで、同じシネコンなのに、早くも上映時間が朝と夜の行きにくい時間帯に押し込められていた。
 さて、肝心の映画であるが、最初から最後まで恐竜が暴れまわり、人がばかばか食べられるので、面白いと言えば面白かった。T-rexに協力するラプトルもけなげで可愛い。
 但し、SF映画としてもスリラー映画としても、センスオブワンダーやハラハラドキドキ感は、元祖「ジュラシック・パーク」にははるかに及ばないのも事実である。どうしても二番煎じであり、新鮮さには欠けるのだ。
 最新の学説に基づき、羽毛恐竜でも登場させてほしかったな。

 
JW


洲崎紀行2015/09/11 23:00

□灯台、刺身、とんび、IT長者の別荘

 遅めの夏休みをもらって、洲崎に一泊旅行。
 灯台の見える料理自慢の宿で刺身のてんこ盛りを食し、地酒を飲む。
 翌朝、とんびに餌をやる。
 ふと隣を眺める。
 まるでル・コルビュジエが作った古墳のような、白亜の豪邸が見えた。
 IT長者孫氏の別荘と噂されている。
 猫に見送られて帰る。


洲崎
洲崎
洲崎
洲崎
洲崎
洲崎
洲崎


アクアライン初体験2015/09/12 23:30

□遅ればせながら

 洲崎からは、アクアラインを渡って帰ってみた。
 観光バスで通ったことはあるが、自分で運転してくるのは初めてだ。
 洋上ハイウェイ、「海ほたる」、海底トンネルと、ちょっとしたアミューズメントパークみたいだった。
 正規の通行料(約3千円、但し現在は割引中なので千円以下)は、渡橋代と思えば高いが、体験型遊園地の入場料と思えばなんとなく納得。


アクアライン


ユルベルトKASHIWAX2015/09/13 23:18

□気がつけば第10回目!

 今年も、柏恒例の食べ歩きイベント「ユルベルトKASHIWAX」に参加した。
 10回記念と言うわけではなかろうが、今回は、国のなんとかふるさと助成金とやらが出て、普段4千円の5枚綴りチケットが2900円と割安であった。
 で、向かったのは、次の5店、普段、行かない店の、味見食べ比べである。
 5軒回ると、当たり前だが、5杯飲んでいるので、結構、酔っぱらった。


ユルベルト柏
             景気づけの路上ライブ。


ユルベルト柏
                          そもそもの「ユルベルト」の仕掛人と言われる「ぶらい庵」、
             敬意を表して訪問、実はこれが初めててある。
             ふかふかのなんちゃらがめちゃ美味しい。
             これで、禁煙席があれば…           


ユルベルト柏
             焼き鳥屋さん、熱々でなかったのがちと残念。


ユルベルト柏
             Zoesの姉妹店の「ANDIAMO」、お肉たっぷり。


ユルベルト柏
             イタリアンの新店「キッコ」、野菜のフリットが美味。


ユルベルト柏
             最後はBAR「TACT」で特製カクテル。

             あ~、美味しかった!


逗子のハンバーグ2015/09/18 23:38

□地元のハンバーグを食べる。

 仕事で逗子に行き、地元のハンバーグ屋で、手作りハンバーグを食べた。
 ただそれだけ。


逗子


安保法成立2015/09/19 22:44

□合法的だが、アンフェアである。

 憲法学者のほとんどが、9条に対して違憲だと言う安保法が、参賛成多数で参院を通過し、合法的に成立した。
 国会前には、多数のデモ隊が集まって反対していたが、時遅しである。法案が衆院を通過した時点で、否、自民党が先の選挙で大勝した時点で、既に勝負は決まっていた。ああなればこうなるのである。
 だから、安倍首相は、国民に先んじて、米国に法案の成立を約束出来た。面妖な話だが、彼が率いる政党に政権を託したのも国民なのだから、仕方がない。
 安保法自体には賛否両論あるが、日本が国際的な戦闘行為に参加する機会が増えるのは、先ず間違いなかろう。特に、今後、選挙権(と兵士になれる権利)を与えられるであろう18、19才の人も含めて、若い人のリスクは、確実に増えると思う。
 そう考えると、その年代の選挙の洗礼を受けていない(年寄り中心の)内閣で、この法律を作ったのは、アンフェアな気がする。
 本来、彼らが選挙権を得た後の内閣で、審議すべき法律ではなかったのか。


トンビ
             イメージ写真