山梨ワイン紀行(1)2014/12/01 23:00

□紅葉をつまみにワイン三昧

 以前から行って見たかった「勝沼ぶどうの丘」のお宿がようやく取れたので、休暇をとって山梨にドライブ旅行。
 どうせならと、これも以前から訪ねてみたかった八ヶ岳山麓の「薮内正幸美術館」に、先ずは立ち寄った。子供の時に好きだったアニメ「ガンバの冒険」の原作「冒険者たち」の挿絵を描いた動物画家の美術館だ。紅葉に囲まれたこじんまりとした良い感じの美術館で、野鳥を中心とした繊細な作品を鑑賞した。
 秘湯と言っても良いような山奥にある積翠寺温泉の旅館「坐忘庵」に一泊。狭い山道を登るアクセスは、なかなかスリルがあったが、その分、紅葉もなかなかのもの。 
 翌日は、いよいよ目当ての勝沼ワイナリー巡り。
 小さな所、大きな所、いろいろ巡り、ドライバーなのでテイスティングできない悲しさ(女房殿は僕に遠慮なくテイスティングを楽しんでいた) を、宿泊地「勝沼ぶどうの丘」のワインカーヴで解消した。
 1100円を払うと地元の優良ワイン約200種類の味見が出来るので、チェックイン後、ひたすら飲み比べた。こんなにたくさんの銘柄が日本にあったのかと思うほど、多くの地ワインがそろっていた。知らなかったが、勝沼には約30軒のワイナリーがあるのだ。ワイン好きなら一度は行って損はない。
 たくさん飲んでると、面白いもので、なんとなく自分の好みがわかってくる。ブドウの種類より、ワイナリーによる味作りの差が好みに直結するようだ。それと、地元なので、防腐剤の量が少ないのか、全体に化学的な変な苦みがなく、二日酔いの心配が少ないような気がした。
 明けて、翌日は廃線跡を利用したトンネルワインカーブ(地元のワイナリーが瓶内熟成に使用)を見物してから帰宅、ここの紅葉も見事だった。
 飲兵衛の聖地、山梨県、また、行きたいね。


薮内正幸美術館
坐生庵
勝沼
勝沼
勝沼
勝沼
勝沼ブドウの丘ワインカーヴ
勝沼
勝沼
勝沼


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2014/12/01/7511194/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。