ルパン三世2014/09/06 17:43

□もう少しコミカルに作ってほしかった。

 実写版で話題の「ルパン三世」を観に行った。
 不安を感じた峰不二子役の黒木メイサは、意外と良くやっていたが、全体に、原作アニメの持っていたコミカルな味わいが不足で、中途半端に真面目なアクション映画となっていたので、今一気分が乗り切れなかった。
 例えば、五右衛門の斬鉄剣が車を切るのは良いのだが、真っ二つにパカンとは割れないのだ。これでは「つまらないものを切ってしまった」のオチが生きてこない。人も本当に死んでしまうので、能天気で憎めない「ふ~じこちゃん」の悪女ぶりまで湿ってしまう。
 もっと、スラプスティックに徹してほしかったな。大野雄二のあのテーマ曲が流れてこないのも、ルパンじゃないみたいで物足りない。
 そんな中で、女殺し屋役の中山由香の体を張った怪演ぶりは○。
 

LupinIII