水元公園菖蒲ポタ2012/06/24 23:00

□菖蒲まつりは終わっていたけど

 花菖蒲をみるとなると、やはり外せないのは、水元公園の菖蒲園だ。菖蒲まつりは20日で終わっていたけど、まだまだきれいに咲いていて、絵を描いている人もいた。
 びっくりしたのは、先日のいきなりの暴風雨のせいか、大きな木が菖蒲園の横にひっくり返っていたこと。

水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園
水元公園菖蒲園

水元公園紫陽花ポタ2012/06/24 23:10

□極彩色の王蟲みたいだ

 菖蒲を見終わってから、水元公園内を軽くぽたぽた一周していて、ふと水元大橋の袂をみると、内溜沿いの紫陽花の生垣が、鮮やかかつもりもりと咲いていた。
 まるで、極彩色の王蟲だな。

水元公園紫陽花
水元公園紫陽花
水元公園紫陽花

ペイザンヌ(柏)2012/06/24 23:30

□旨い肉と美味いワインの幸福な出会い

 故あって、久しぶりにワインとフレンチを楽しみたくなったので、ペイザンヌで夕食をとった。
 黒板に書かれたメニューを見ると、仙台牛がアラカルトに並んでいる。以前に、常陸牛を選んだ時も非常に美味しかったので、今回もどうしようかと悩んでいると、マダムから、コースに五百円追加すると、メインを仙台牛に変えられると甘いお誘いをいただいたのでそうした。
 実は、前も、そうして常陸牛を食べたのであって、メニューを観たときのこちらの脳みその動きを、完全にお店側に見抜かれているような気がしないでもない。
 で、結果である。
 牛なのに、馬鹿ウマであった。
 シェフは、今、ソースで食べさせるステーキに燃えているのかもしれない。
 あわせるのに、やや高めのビンテージボルドーを頼んでみたら、これも大当たりであった。これまでは、酸化が怖いので、若いワインしか頼まないようにしていたのだが、良く熟成された赤ワインの美味しさに、少し目覚めたような気がする。
 
ペイザンヌ(柏)
ペイザンヌ(柏)
ペイザンヌ(柏)