レイ・ブラッドベリさん逝去2012/06/07 23:18

□SF界の詩人

 アーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフと並んで、僕らの世代のSFのイメージの大本を作ったレイ・ブラッドベリが5日に亡くなった。宇宙エレベータのようなバリバリな理系ハードSFを代表するクラークに対し、ブラッドベリは、例えば霧の中を恐竜がたゆとうような叙情的・文学的な作風だった。
 ついでに言えば、アシモフは、手塚治虫の「鉄腕アトム」を介して、20世紀少年に、「SF=ロボット」観を決定的に刷り込んだのであった。
 話をブラッドベリに戻すと、僕にとっては、「The Illustrated Man」を、読みもせずにタイトルだけを「描かれた男」と勝手に誤訳して、なんとなく江戸川乱歩の「押し絵と旅する男」のような物語だと思っていたのが、映画化の際のあの流麗なポスターを見て、初めて「刺青の男」という正しい理解に至ったのは、若気の無知をさらすことではあるが、今となっては懐かしい思い出である。
 享年91歳、合掌。
 Weather Reportの「I Sing the Body Electric」を聞きながら。

清水公園