法事2011/09/03 21:44

□お寺の池の蓮の花

 青山のお寺で法事。
 一時は、台風直撃かと恐れおののいたが、なんとかそれてくれた。
 蓮の花を観ながら故人を偲んだ。

青山

柏かわせみの会2011/09/04 18:09

□雨宿りを兼ねて写真展

 土手の彼岸花が咲いたと聞いたのでちゃりちゃりと運河に向かったら、まだ台風の影響が残っていて、柏の葉の辺りで突然降ってきた。あわてて「さわやか千葉県民プラザ」に雨宿りに逃げ込んだら、調度うまいことホールで「柏かわせみの会」の写真展をしていたので、一回り観たら雨が止んでくれたよ。
 しかし、皆さん、本当に上手ですね!

柏の葉公園

柏かわせみ展

彼岸花(運河)2011/09/04 22:51

□いつの間にか彼岸花の季節

 運河の「新川」の傍の斜面に、今年も赤と黄色の彼岸花が仲良く咲いていた。
 猛暑がようやく過ぎたかなと思ったら、もう夏の終わりの花が咲いていたのだ。
 揚羽蝶も舞っていた。

運河の彼岸花
運河の彼岸花
運河の彼岸花
運河の彼岸花
運河の彼岸花

運河CR水没2011/09/04 23:10

□水中サイクリングロード

 台風の直撃は避けられたが、昨日の雨で運河の水は満杯だった。サイクリングロードは水没し、サギさんが佇んでいた。

運河
運河
運河
運河

にんたまラーメン(流山)2011/09/04 23:30

□すす抜けてきたおおたかの森

 運河の突き当りから、結構な向かい風の中、江戸川を下り、三輪城址公園の所からおおたかの森に抜けて柏に帰還した。
 流山署の辺りの森が、以前よりすす抜けているようなのが気になった。

□初めて食べたにんたま

 千葉の道では、黄色い「にんたまラーメン」の看板がよく目立つ。実は、まだ入ったことが無かったが、今回、流山店が目に入ったので、初めて食べてみた。
 背脂系の普通に美味しいラーメンだった。売り物の「にんたま」は、味がしみていて気に入った。

花輪城址公園
流山署
にんたまラーメン
にんたまラーメン

カーロパパ(柏)2011/09/04 23:45

□街に人が溢れていた夜

 土曜日のゲリラ雨で身動きがつかなかった人が皆出てきた為か、ようよう涼しくなってきた為か、日曜の夜の柏のレストラン街は大賑わいであった。
 いつもは、隠れ家的に静かな「カーロパパ」も僕達が入って満員御礼だった。
 アラカルトで色々頼んだ。みんな美味しかったが、特に、海老の揚春巻きイタリア風の創意に感心した。
 一人で総てとり仕切るグランシェフ兼ギャルソンは孤軍奮闘。

カーロパパ
カーロパパ
カーロパパ
カーロパパ
カーロパパ
カーロパパ

茂木本家美術館(野田)2011/09/10 23:00

□それぞれのコレクション

 暑さもようやく和らいだので、久しぶりに醤油の街、野田の黒い板塀の道を歩き、「茂木本家美術館」を訪ねた。
 今日は、キッコーマンの創業一族の茂木本家の浮世絵コレクションから、奇想の絵師、歌川国芳の没後百五十年を記念した企画展示をしていた。
 歌川国芳と言えば、最近は、背景にスカイツリーそっくりの櫓が、まさしくそれと思しき場所に描かれている「東都三ッ股の図」で有名だが、直に拝見すると、やっぱりそっくりで感心した。個人的には、狸の堂々たる八畳敷の戯画が、まさに奇想天外で面白かった。
 帰り道では、これも茂木分家の邸宅跡地を利用した「野田市郷土博物館」に立ち寄った。調度、郷土のコレクター、野中健一さんのお宝展「小さなポケットにつめた大きな夢」を開いていて、昔のコーラー瓶やピンバッジを興味深く眺めた。
 茂木本家の美術史的なコレクションに比べると、市井の野中さんの玉石混交の収集品の評価は難しいが、僕は、あの時代のあの雰囲気を感じる貴重な街の遺産だと思った。展覧会には、野中さんご自身もいて、色々説明をしていただいたが、植草甚一のような飄々としたおじさんだった。

野田市
茂木美術館
歌川国芳
野田市看板

MOMOA弁当2011/09/10 23:10

□茂木本家美術館のお昼弁当

 茂木本家美術館(MOMOA)には瀟洒なカフェがついていて、珈琲は勿論、2人以上で予約すればお昼の弁当も頼める。弁当は2種類で、「お寿司・そば弁当(モモア弁当A)1800円」と「天むす・そば弁当(B)1300円」の2種類がある。
 B弁当を取ってみたが、大変美味しかった。次はAを試してみよう。

野田

大和田(柏)2011/09/10 23:20

□酒と漬物と大串重

 うなぎというものは、暑くても、寒くても、残暑でも、秋でも食べたくなるのは不思議だなあ。「大和田」でうなぎを待つ間、漬物をつまみに「豊盃」を傾けるのは、至福の時間である。

大和田
大和田

手賀沼雨上りポタ2011/09/11 23:00

□スカイツリーがくっきりと見えた日

 午前中のにわか雨が上がったので、おっとり刀で手賀沼をちゃりちゃり一周した。 
 晩夏の入道雲がむくむとそびえ、川瀬芭水の版画みたいだった。
 雨で大気中の塵埃が洗われたのか、ヒドリ橋からスカイツリーが、随分とくっきり見えたよ。

手賀沼
手賀沼
手賀沼
手賀沼
手賀沼