謹賀新年20102010/01/01 01:01

年賀虎

□あけましておめでとうございます

 今年の皆様と私の、自転車人生とSF人生とその他の人生が、実り豊かなものでありますように。

奈良迎春(大晦日)2010/01/04 23:00

奈良駅

□大晦日の奈良を歩く(2009.12.31)

 年末年始を奈良で過ごした。駅前には、「せんとくん」の巨大看板が設置され、あと1日で新年、すなわち平城遷都1300年祭を迎えることを告げていた。そのせいか、近年の奈良では、一番人通りが多い。この、せんとくん、初めは、その冬虫夏草のような、異様な風体に驚愕したが、見慣れると可愛くも見えてくるのは面白いもんだ。

せんと君

 とりあえず、ツレアイの希望で、興福寺に行く。仏像のスーパースター、ビジュアル系の「阿修羅像」を拝観する為である。ツレアイは、阿修羅象のオッカケなので、東京の博物館に来た時も見たというが、やはり、仏像は、お寺で見るほうがしっくりするという。

興福寺

 お寺の後は、昔の町並みが良く残っているという、奈良町界隈をぶらぶらしてみる。「身代わり申(さる)」という、魔よけの縫い包みの巨大なのが、正月飾りとともに、軒下にぶら下がっていた。

奈良町

奈良町
                      身代わり申

奈良市街

 やがて陽は暮れゆく。駅前商店街の「山崎屋」で茶粥を食べホテルに入る。紅白を見ながら大晦日の夜をまったりと過ごした。

奈良迎春(寅雲)2010/01/04 23:05

□ご来光は拝めなかったけれど(2010.1.1)

 宿泊した日光ホテルの屋上に昇り、日の出を待つが、残念、曇りで明確なご来光は、拝めなかった。その代わり、虎に見えなくも無い雲が空に浮かんでくれた。

日航ホテルご来光

寅雲
                         寅雲

奈良迎春(信貴山)2010/01/04 23:10

□元旦の信貴山に参拝する(2010.1.1)

 信貴山は、寅の年、寅の月、寅の日に、日本で初めて毘沙門天が出現した地と伝えられる。さらに、「信貴山朝護孫子寺」自体が、平城京の西方の守り、白虎でもある。故に、寅年の今年は、何時にも増して大勢の参拝客がいて、その中の一人に僕達もなってみた訳だ。人混みに押されながら、ありがたく巨大な張子の虎を拝む。行ってみて分かったのだが、信貴山は、その名のごとく結構な山寺で、参拝は、軽登山でもあった。

信貴山

信貴山

信貴山

信貴山

 この寺には、日本最古のSF漫画ともいえる、かの有名な「信貴山縁起絵巻」が伝わっていて、普段は見れないのだが、2月からは、遷都1300年を祝って、特別にご開帳するという。特に、UFOを思わす「飛倉巻」は、とても見たいのだが、仕事もあり、寒くもあるので、思案中である。

奈良迎春(古墳巡)2010/01/04 23:20

□卑弥呼の里を自転車で巡る(2010.1.2)

 新年の2日目は、桜井駅でレンタサイクルを借り、付近の古墳を見て回った。一昨年放映されたTVドラマ「鹿男あをによし」の舞台をトレースするような卑弥呼の里巡りだ。飛鳥の方は前にも訪れたことがあるが、この辺りをちゃりちゃりするのは初めてだ。「京都・奈良・滋賀自転車散歩(山と渓谷社)」を参考に走った。

卑弥呼看板

箸墓古墳
           卑弥呼の墓かもしれないと言われる「箸墓古墳」

巻向遺跡
   卑弥呼の宮殿跡かもしれないと言われる遺跡を発掘調査中の「巻向遺跡」

黒塚古墳
        「鹿男あをによし」の鍵となる「サンカク」が出土した黒塚古墳

黒塚古墳
             サンカクこと「三角縁神獣鏡」のレプリカ

崇神天皇陵
                      崇神天皇陵

奈良迎春(平城宮)2010/01/04 23:30

□春日大社に参拝(2010.1.3AM)

 折角なので春日大社に参拝する。ものすごく混んでた。参道で鹿と遊ぶ。

春日大社

春日大社鹿

□奈良自転車道を走る(2010.1.3PM)
 
 午後、駅前でレンタサイクルを借りて、「京都・奈良・滋賀自転車散歩(山と渓谷社)」のとおり、「奈良自転車道をコンパクトに走る」。田舎道を楽しく「平城宮跡」に向かう。但し、意外と、坂道が多い。

奈良自転車道
                のどかな奈良自転車道脇の風景

平城宮
         1300年祭に備えて復元された「大極殿正殿」(平城宮跡)

薬師寺
       月光仮面の由来である月光菩薩が安置されている「薬師寺」

 6時に自転車を返却して、7時に奈良を出発し、9時の京都発の新幹線で東京に帰った。この古都は、深くて楽しい。

奈良迎春(口福)2010/01/04 23:45

□奈良で食べたもの

 奈良には、古代にモチーフをとったなかなか美味しい料理があった。

日航ホテルおせち
               元旦のおせち(ホテル日航奈良)
  
奈良日航中華
                 中華前菜(ホテル日航奈良)
 
奈良茶粥
                   茶がゆ御膳(山崎屋)

春日ホテル
                万葉(牛肉鉄板焼等)(春日)

春日ホテル
                  大和鍋(鶏豆乳鍋)(春日)

奈良豆乳ラーメン
             豆乳ラーメン(奈良らーめん あおによし)

土偶展2010/01/09 22:10

土偶展

□縄文スーパースター

 上野で、縄文スーパースターと名売った国宝土偶3点揃い踏みの土偶展を見る。数千年前の造形の迫力に圧倒される。かの有名な宇宙服土偶たる「遮光器土偶(亀ヶ岡遺跡)」も、国宝ではないがちゃんと出展されている。注目は、土偶にかたどられた顔の造作、どうみてもモンゴロイドとは思えない高い鼻とくぼんだ眼窩があるのだ。縄文人は、欧米か?
 採集経済の縄文から、稲作文化の弥生に入ると、土偶は、ぱったりと途絶えるが、古墳時代に入ると、今度は、洗練された宮廷文化を思わせる大型埴輪の花が咲く。面白いと思う。

柏新年オペラ2010/01/10 22:31

NYOC

□ニューイヤーオペラコンサート

 アミュゼ柏で開かれた新春を祝うオペラコンサートを聞いた。歌姫8人が競演するモー娘のような、お買い得感のあるコンサートだった。

ふぐ会席2010/01/10 23:47

□樹さきでふぐを堪能

 冬のこの季節は、やはりふぐが食べたくなる。アミュゼ柏でコンサートを聞いた後は、北柏まで足を伸ばして、「樹さき」でふぐ会席。ふぐさしは、普通に美味かった。焼き物や揚げ物は、感動するほど旨かった。勿論、最後は鍋で雑炊、ふぐを堪能した。やはりそれなりの値段とはなるが、年に一回だからこれで良いのだ。

樹さき-ふぐさし

樹さき-ふぐ焼き

樹さき-ふぐ鍋

樹さき-ひれ酒