GW小旅行(つつじまつり)2007/05/01 23:47

□つつじ祭り(笠間つつじ公園)

笠間では、陶炎祭と時期を同じうして、「つつじまつり」を開催していた。

大げさではなく文字通り、山全体がつつじで燃えるように、赤やオレンジで彩られていた。綺麗きれいである。

GWの谷間の一日2007/05/02 23:59

↑つつじ祭りの影でひっそりと咲く笠間の藤

□いきなり暑くなった

連休の谷間は、通勤電車も随分と空いていた。職場も空いていた。のんびり仕事が出来るのでこれも良いなと思った。

お昼は神田に出かけ、最近増えてきた刀削麺の店で食べた。初夏の日差しの中、ピリ辛味で大いに汗をかいた。

深夜SF(首都消失)2007/05/03 04:20

↑尾瀬の林道(嘘です。実は北柏ふるさと公園)

□しかしちゃちだなあ~

深夜のWOWWOWで小松左京の「首都消失」をやっていたので、なんとなく見た。

原作がしっかりしているので、話は、まあ面白いのだが、肝心の首都東京を救う、超電磁兵器が、トラックに載せたハリボテのレーザー砲にしか見えないのは、あんまりといえばあんまりだ。

東京を覆う巨大エネルギー雲に穴を開けるという大仕事なのだが、どう見てもトラックのエンジンパワーでは、無理ではないのか。

エヴァンゲリオンでも日本中を停電にしてエネルギーを集めてるのだから、それなりに「らしさ」を演出してほしかった。ま、オタク的に凝るアニメの設定と比べても仕方がないけど。

本当の問題は、続いて、岡村隆史主演の香港ムービー「無問題2」もついだらだらと見てしまったことだ。おかげでえらく宵っ張りだったよ。

PS 東京が消失して折角首都になれそうだった大阪の人には残念な結末だった。しかし、大阪が首都になる設定は、「ゴジラ対メガギラス」(2000年)で実現した。

久しぶりの成城2007/05/04 23:14

↑成城コルティの吹き抜け

□成城の駅前も随分と再開発されたなあ~

所要があって十年ぶりくらいに成城学園駅前に降り立った。立派な駅ビル(成城コルティ)が建っていたのと、「石井フーズ」が「牛角」に吸収されていたのに驚いた。

花見川を下って海を見た(方向音痴)2007/05/05 21:40

↑新緑の花見川サイクリング道路

□上りと下りを間違えて海に行った

八千代の道の駅から、新川(印旛疏水路)沿いの自転車道を遡行し、印旛沼水産センターで「天然に負けない国産養殖鰻」を食べに行くつもりが、気がついたら南下して海に向かっていた。我ながら方向音痴加減には呆れる。

そこそこ走ってから気がついたので、率直に東京湾まで走り続けることにした。案内看板によると、ここは、「花見川サイクリング道路」という。新川が、下流では花見川と呼ばれるからだ。

新緑のトンネルの下を、木漏れ日を浴びながら走る川沿いの道は、大変気持ちが良かった。但し、一部グラベルなのでロードは辛そう。時々道が中断するので、注意深く迂回路を探す必要もある。

ラウンジ・S(コース紹介のHP):http://www.asahi-net.or.jp/~fz6t-sby/

花見川を下って海を見た(鯉のぼり)2007/05/05 22:27

□5月5日の鯉のぼり(花見川)

川には何本も橋が架かっていたが、そのうちの一本には、鯉のぼりがたくさん絡まっていた。最近、あんまり鯉のぼりを見ないなと思ったら、こんな所に集められていたのだな。

花見川を下って海を見た(カイトが舞う)2007/05/05 22:35

□いなげの浜に舞うカイトサーフィン

向かい風にめげずに、地味にちゃりちゃり漕いでいると、意外とあっけなく海に出た。

快晴の下、浜にはアシカのようにサーファーが嬉しそうに飛び跳ね、海には、ウィンドサーフィンの帆が連ね、空には、カイトサーフィンのキャノピーが凧のように(もともと凧だが)舞っていた。

「稲毛海浜公園」には、一度は行きたかったので、絶好のサイクリング日和の今日、方向を間違えて来てしまったのは、却って良かったかもしれない。

本日のちゃりちゃり:80km

花見川を下って海を見た(空の黎明期)2007/05/05 23:13

□復元された鳳号(稲毛民間航空記念館)

あまり知られていないことだが、僕も初めて知ったのだが、稲毛は、わが国初めての民間飛行場が開設された、「日本の民間航空発祥の地」である。

詳しく知りたい人は、稲毛海浜公園内の「稲毛民間航空記念館」へ。入場無料也。

稲毛民間航空記念館HP:http://www.cga.or.jp/004012/main.html

GW最終日は雨2007/05/06 17:21

↑おおたかの森SCの吹き抜け

□雨の日は野田線に乗って

GWの最終日は、朝からしとしと降っていた。こんな日は映画だ。野田線に乗って、「おおたかの森ショッピングセンター(SC)」に初見参した。シネコンが目的だ。

SCは、今時らしく、エコでお洒落で無個性だった。大きな紀伊国屋書店も入っていた。活字離れが言われて久しいが、どこのSCも本屋に力を入れているのが不思議だ。子供にも大人にも売れる絵本が売れ線らしい。食堂街は今一だった。

映画は、エリザベス女王がダイアナ妃の葬式をする「クイーン」を見た。退屈だった。実は、女王が暗殺激の黒幕であったという話を期待していたのだ。椅子の座り心地は良かった。

下着の衣替え2007/05/07 23:49

↑駅の階段のECOなキリンのポスター

□完全に初夏の気候だな

シャツもランニングに替えたよ。