夏休み2日目(鬼怒川金谷ホテル)2006/09/02 20:54

□那須牛のはりはり鍋(鬼怒川金谷ホテル)

早めに「鬼怒川金谷ホテル」にチェックインした。日の明るい内から、宿自慢の、大風呂と、露天風呂、それに古代檜風呂をハシゴして楽しんだ。特に、リニューアルで新しく作られた舟形の古代檜風呂は、広々としてとても気持ちが良かった。

夕食は、懐石風のコース料理。メインの那須牛のはりはり鍋がとても美味しかった。昨日食べた「栃木牛」と比べて、より産地を限定した「那須牛」の方が旨かったのは、ワインと同じ味の階級構造なので、妙に納得する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2006/09/02/508159/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。