夏はカレー2006/08/01 23:25

□「葡萄舎」はなかなか美味である

昼時に神田の「葡萄舎」でチキンとナスのダブルカレーを食べた。なかなか美味しかったよ。

http://blog.livedoor.jp/satoshi_38/archives/50183598.html

今年一番の猛暑の日の出張2006/08/04 23:42

↑手賀沼の百日紅

□京都は暑かった

京都の奥のほうの峰山という所に出張した。泊まったホテルの近所の居酒屋は、あまり期待していなかったのだが、さすが日本海近くの町だ、飛魚の刺身が、たまり系の甘めの醤油と良く合って旨かった。

しかし、今日の昼間は物凄く暑かった。仕事よりも暑さによれよれになって夜中に帰ったよ。

三ヶ尾探訪2006/08/05 22:34

↑三ヶ尾の森にあった小さな社

□利根運河から寄り道

東葛人さんのブログ(http://blog.livedoor.jp/toukatsujin/archives/50947243.html)でも紹介されていた三ヶ尾の森を探訪した。利根運河の北岸を江川排水路のところで降りて、排水路の両側の森をうろうろと徘徊した。

趣のある森だったが、蚊もいっぱいいた。

□からすの行水

江川排水路で、カラスが三羽、鵜のように水を切って水面を滑空していた。言葉では知っていたが、本当に「カラスの行水」を見たのは初めてだ。

暑いときはカキ氷2006/08/05 22:55

↑布施弁天前の茶屋の「抹茶アイス」

□土手に狐を見た

三ケ尾の森を徘徊してからは、いつものように運河の東端から利根川の土手(柏市サイクリングコース)に合流して、新大利根橋経由で布施弁天に抜けた。

途中、狐が二匹土手を走っているのを見た。狸ならともかく、狐が土着とは思えないので、ペットが逃げ出したものであろうか。

□抹茶アイスに救われる

布施弁天に着くころには、太陽は中天に昇り、帽子を被ってはいても、脳天は日射でパーになりそうだった。思わず弁天前の茶店の「かき氷」の看板に誘われて抹茶アイスを頼んだ。

救われた。

夏の冷し麺3兄弟(次男)2006/08/05 23:10

↑そば次(らあめん熊)

□「らあめん熊」の「夏の冷し麺3兄弟」を制覇

布施の後は、いつもならば手賀沼に抜けて、軽く一周するのだが、今日はあまりの暑さに命の危険さえ覚えたので、さっさと戻り、「らあめん熊」で昼食をとってちゃりちゃりの打ち止めとした。

「らあめん熊」では、季節限定の「夏の冷し麺3兄弟」の内、既に長男「伊太郎(トマトソース)」と三男「ごま三郎(ごまだれ)」は食べていたので、今日は、次男の「そば次」にした。

そばつゆで冷製の麺をいただくのだが、メンマとももチャーシューもたっぷり入っていて、大変結構なお味であった。3兄弟はどれも650円だが、質量ともに、皆非常に満足度が高い。

今日のちゃりちゃり:40km

柏の夏は手賀沼の花火2006/08/05 23:34

□展望レストランより手賀沼の花火を見る

毎年、手賀沼の花火を見るのが我が家の慣習だが、今年も「柏そごう」屋上の展望回転レストランから見物した。

会場で見る迫力には敵わないが、ゆったりと中華を食べながら花火を楽しめるので、これはこれでよいのだ。歩いて来れるので、麦酒も心おきなく飲めるのも○である。

空中から見ると、手賀沼だけでなく、遠くにではあるが、同日開催の松戸や市川の花火も見えた。

ご近所の史跡2006/08/06 17:21

□松ヶ崎城跡

今まで気がつかなかったのだが、いつも自転車であけぼの山公園から北柏に抜ける道の途上にも、立派な城跡があった。室町時代の城らしい。

ご近所の花畑2006/08/06 17:33

□増尾のひまわり畑(市立土中学校の北)

里山を守る活動の一環として、地元住民が休耕田に植えた向日葵が満開との東京新聞の記事(8/4)に惹かれて見に行った。

向日葵は綺麗だったが、大変暑かった。写真の花の間から見え隠れする看板には、里山を守ろうと書いてある。

デジカメ更新2006/08/06 23:15

↑ニコンCOOLPIX初撮り「おろし天蕎麦(栄月庵)」

□さらばフジ、こんにちはニコン

デジカメは、かれこれ7年近く、フジFinePix1500を愛用してきた。今や骨董品的な、1.5M画素の単焦点デジカメだが、葉書サイズ以上に引き伸ばす必要もない僕には十分だった。単三電池で動くのも電池切れの不安が無くて良かった。

しかし、あちこちで落としたりの、長年の酷使に耐えかねて、ついにスイッチ類がまともに機能しなくなったので、もはやこれまでと、「ビックカメラ」で買い換えた。

今回も、単三電池が使える、なるべくシンプルなデジカメを探し、結局、一般的なSDカードメディアで、近接撮影にも強いということで、ニコンのCOOLPIX L3にした。

前のに比べると、画素が5.1Mに上がり、光学3倍ズームもついているにもかかわらず、一回り小型軽量で、値段も半値以下であるのに、時代の変化を感じた。ぼろぼろのFinePixを3000円で下取ってくれたのもありがたかったな。

王様と皇帝がともに沈んだ日2006/08/07 23:50

□F1ハンガリーGP

逃げ切りを図る王者ルノー・アロンソと追いすがる皇帝フェラーリ・シューマッハの対決が期待されたレースだったが、蓋を開ければ、波乱の雨レースで両者とも沈没。ホンダ・バトンが嬉しい初勝利を挙げた。

日本のSAF佐藤は、新車のSA06を得て、以前よりも随分とレースが出来るようになったが、まだ何かが足りないらしい。予選はともかく、長丁場のレースでは、当面のライバルのミッドランドトヨタの後塵を拝していた。