蓮祭り(蓮見舟2)2006/07/30 23:28

□蓮見舟で極楽浄土を見た

蓮の群生を舟でこぎ分けると、薄紅の蓮の花が姿を現した。緑の葉っぱと青い空との対比で、極楽浄土のような景色だった。

この蓮は、「紅蓮」という品種で、元々は、この辺りの農家が蓮根目的で栽培したものが、手賀沼に流入して増殖したものという。

コメント

_ 東葛人 ― 2006/07/31 06:29

こんにちは!
やはり蓮見舟に乗られたんですね。
私は、はす祭りの会場には行ったんですが、時間の関係で乗れずじまいでした。
良さげですね。
来年こそ乗りたいものです。
ところで、食用目的に栽培していた蓮の子孫なら、この蓮の群生も水面下には立派なレンコンができているはずですね。
レンコンが結構好きなので、群生を見るたびに「食べれないのだろうか」と思ってしまいます(笑)

_ EAST ― 2006/08/01 23:32

東葛人様
お訪ねいただきありがとうございました。
さて、蓮祭りは過ぎましたが、今度の土曜日(8/5)は手賀沼花火大会、さらに次の次の日曜日(8/20)は手賀沼JazzFestivalと催し物が目白押しです。
でも自転車愛好家に見逃せないのは、8/27(日)の第1回手賀沼トライアスロンでしょう。 泳げる手賀沼の復活を祝っての第1回大会の開催です。
http://komai.nu/teganuma/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「手賀沼」の読み方は? ひらがなで答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://eastworld.asablo.jp/blog/2006/07/31/467136/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。